号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

『産む時代』

   

オレの上司の係長の話。

オレは今の職場(の今の係)に採用されて3年目の若造。

採用一年目の時は、オレの話など聞く耳もたず、何をそんな次元の低い話をするんだ、みたいな態度だった。

この係は3人いて、係長、オレと、もうひとり先輩がいて、ほとんどその先輩でもっているような係だった。

2年目になってその先輩が異動になってしまい、その先輩がやっていた仕事をすべてオレがやることになった。

もちろんオレは1年ですべてを吸収できるはずもなく、あれこれ試行錯誤しながらとにかくがんばった。

そんな状況でも係長はとくになにかアドバイスるわけでもなく、オレのやる仕事についてはミスがない限りはあれこれいう人ではなかった。

だが、そんな係長も3年目になると異動が近いということもあるのだろうか、オレにいろいろアドバイスをしてくれるようになった。

組織の中で仕事するときの考え方、今自分がやろうとしていることの他係への影響、将来への影響など、その仕事の持つ意味や、広い視野で仕事に望むことの重要性についてなどである。

このときは、係長として当然のアドバイスなのだと思って聞いていた。

と同時にその指導が、係長への尊敬の念を産むことになっていった。

そうしているうちに係長の異動が正式に決まった。

オレが所属している課でその他の異動者も含め、送別会を行ったときのことである。

異動者からそれぞれ挨拶してもらうことになり、おれの係長の順番になった。

係長は
「今の係での仕事は『産む時代』だったと思う。
 新しいシステムを導入し、運用した。
 さらにバージョンアップを2度も行った。
 この任期の中で常にあたらしいことをし続けた。」
と発言した。

確かにそのとおりであった。
そして次の一言が私の胸に突き刺さった。

『そして、皆さんもご存知のとおり、一人の若者を育てた。』

もちろん一人の若者とはオレのことである。

そして、「育てた」という言葉は『成長した』という意味である。

オレはうれしかった。

いままで仕事でそんなほめ言葉をもらったことはない。

しかも、「産む時代」と発言した中のひとつとして、オレのことを全員の前で話してくれたのだ。

そして、そんなことをめったに話すような人ではないということはこの3年でわかっていた。

さらに、係長の最後の3年目の指導がオレの今の仕事に対する姿勢や考え方のベースになっており、感謝し、尊敬している。
だからこそ、このときの発言がとても心にしみるものになった。

こんなこと、普通の人にとってみればたいしたことではないかもしれない。

しかし、オレがひそかに尊敬していた上司からこのようなことをいってもらえたのは、本人にしかわからないうれしさがある。

係長、いままでありがとうございました。

 - 仕事での泣ける話

  関連記事

no image
もう少しで帰れるかも!

だいぶ前ソフト系の開発会社で働いていた。

ある月の月末の夜9時過ぎ、ああもう少しで帰れるかも!という希望が
見えて来た頃、何故か同じフロアの営業の新人が急に入って来てしゃがみ込みごそごそ。
私 「な…

no image
会社をメンヘルで休職してる女友達が

会社をメンヘルで休職してる女友達が復帰してきた日、
ひどく不安そうにしていた。俺が話し掛けて「俺が
ついてるから、何でも言ってくれ」と言って職場の最新の
資料を渡したら別人のように元気になったな…

no image
融通の効く上司

約10年くらい前の話。

そろそろ付き合っていた彼女と結婚を考えていた。

仕事の遣り甲斐も感じ、結婚しても仕事を続けたいと希望していた彼女と俺にとっては、まさに好条件が整った状況下で不運は突然訪れた…

no image
部長の解雇

そのときの部長はすっごく冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせてる人だった。

飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会なんかでも一人で淡々と飲むようなタイプで、良く怒られていたこともあって俺…

no image
ウエディングプランナーの話

私、ウエディングプランナーをしてて
沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど
忘れられない結婚式があります。
新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、
新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした…

no image
同僚の彼

4年ほど前に本社より地方支店に左遷同様で転勤してきた同僚の彼。

事務の女の子に手が早いだの、上司に対して生意気で飛ばされて等、前評判はけして良くありませんでした。

でもいざ着任して同僚として付…

no image
ナースコール

仕事に追われる毎日で、ついに身体をこわして入院した。
身体も壊れていたが、精神的にもズタズタの状態で、
人間不信になって生きていく気力がなくなっていた。
誰も信じられなくて、最初は看護師さんにもきつく…

no image
職場の飲み会での話

職場の飲み会での話。
調子に乗ってガンガン飲んでたら、見事に回ってヘベレケ状態に。
ゲロ吐きそうになってトイレに駆け込むも、間に合わず入ったところでぶちまけた。
あまりの気分の悪さに立つことすら…

no image
怖面ての上司

自分でも理由は分からないが、気が付けば仕事やる気を無くして会社を欠勤し、それが数日続いたある日の夜、怖面ての上司が自宅に来た。

最後通告かな、と思いながら、上司の行きつけらしいショットバーへ連れ…