号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

二枚のプリント

   

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。

そのプリントは、交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。

それは交通事故で加害者の立場で亡くなった人の家族の話でした。

残されたのはお母さんと子供たち、上の子が小学二年生、下の子が五歳の男の子の兄弟です。

この人たちは、事故の補償などで家もなくなり、土地もなくなり、住む家もやっとのことで四畳半のせまい所に住めるようになりました。

お母さんは朝6時30分から夜の11時まで働く毎日です。

そんな日が続くある日、三人でお父さんのいる天国に行くことを考えてしまっていました。
(以下、プリントから)

朝、出かけにお兄ちゃんに、置き手紙ををした。

「お兄ちゃん、お鍋にお豆がひたしてあります。

それを煮て、今晩のおかずにしなさい。お豆がやわらかくなったら、おしょう油を少し入れなさい。」

その日も一日働き、私はほんとうに心身ともにつかれ切ってしまった。

皆で、お父さんのところに行こう。私はこっそりと睡眠薬を買ってきた。

二人の息子は、そまつなフトンで、丸くころがって眠っていた。

かべの子供たちの絵にちょっと目をやりながら、まくら元に近づいた。

そこにはお兄ちゃんからの手紙があった。

「お母さん、ぼくは、お母さんのてがみにあったように、お豆をにました。

 お豆がやわらかくなったとき、おしょう油を入れました。

 でも、けんちゃんにそれをだしたら、

 お兄ちゃん、お豆、しょっぱくて食べれないよ。

 と言って、つめたいごはんに、おみずをかけて、それをたべただけでねちゃった。

お母さん、ほんとうにごめんなさい。でもお母さん、ぼくをしんじてください。

ぼくのにたお豆を一つぶたべてみてください。

あしたのあさ、ぼくにもういちど、お豆のにかたをおしえてください。

でかけるまえに、ぼくをおこしてください。

ぼく、さきにねます。あした、かならずおこしてね。

お母さん、おやすみなさい。」

目からどっと、涙があふれた。

お兄ちゃんは、あんなに小さいのに、こんなに一生懸命、生きていてくれたんだ。

私は睡眠薬を捨て、子供たちのまくら元にすわって、お兄ちゃんの煮てくれた、しょっぱい豆を涙とともに一つぶ一つぶ、大事に食べました。

このお話を読み終えたとき、私と母の目から、涙が出てきました。

そうして、何度も、何度も、くり返し読みました。

私は、今まで、交通事故は被害者だけが悲しい思いをしていると思っていましたが、このお話を読んで、加害者も、私たち以上に悲しくせつない思いをしていることがわかりました。

毎日、毎日、日本のどこかで、こういう子供たちが生まれているのかと思うと、とてもたまりません。

どうか、お願いです。

車を運転するみなさん、交通事故など、絶対におこさないでください…。

 - その他泣ける話

  関連記事

no image
僕は芸人です。

僕は芸人です。

あれは5年前くらいの事…。

その頃の僕は家賃3万円のボロアパートに住み、お金も全然なく毎日を生きるのに精一杯でした。

毎日の食費ですら僕にとってはとても大きな出費でしたので、でき…

no image
多くの命を救った防災無線

宮城県南三陸町で、震災発生の際、住民に避難を呼びかけ、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが分かりました。

亡くなった町職員の遠藤未希さんの呼びかけがすべて収録されているほか、呼…

no image
当たり前って?

僕は、現在高校生です。

こないだまでは
中学校に通ってました。

卒業式
卒業の別れというものを

高校に入学してから初めて気づきました。

『当たり前が当たり前ぢゃなくなる』…

no image
「はやぶさ」最後の任務

はやぶさ(´・ω・`)「もうすぐ地球だなぁ。長かった・・・・」
    ( `・ω・´)「最後の任務だ!」
謎の声  ( ゚Д゚)「はやぶさよ」
はやぶさ(´・ω・`)「え、何?誰?」
謎の声…

no image
雪が積もったのを見て思いだした去年の話

雪が積もったのを見て思いだした去年の話。

去年子供が足を骨折したので
しばらくそりに乗せて幼稚園バスのバス停まで送迎していた。
その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら、
塀にこすったか…

no image
「機械」だったバイク

とある中古のバイク屋で店員をしていた。(今は転職して違う業種)

バイクは特に好きでも嫌いでもない。

金があれば欲しいな程度にしか思っていなかった。

免許も車に付いてくる原付しかない。

しか…

no image
京都で一人旅

私が京都で一人旅をしていた時でした。
離婚という大仕事を終え、自分自信の気持ちもやっと落ち着いた頃でした。
でもやっぱり、傷が癒える事はなくて、バイトしてためたお金を握りしめて、大原へいったんです。

no image
約束の日

70年代の初め、私の家族は、関西のとある新興住宅地に引っ越してきた。

山を切り開いて造られた町は、自然に溢れ、太陽の光がさんさんと降り注ぎ、経済成長期の中、これほど幸せな環境はなかった。

私は、そ…

no image
コロッケは俺を裏切らない。

コロッケは俺を裏切らない。

当時、ひとつ60円だった。
いつも5つ買っていた。揚げたて。ホカホカ、さくさく。

本来ならば、少し冷ました方がおいしくいただけるのだが、
いつも我慢できず、袋から一つ、…

no image
ロールプレイングゲーム

泣けるというか、俺が泣いたゲーム。

RPGツクールのプレステ版で、
小学生の弟に遊んでもらおうと思って、
家族ネタで弟が勇者になって母親を救い出す。
っていうRPGを作った。

弟は小学生、父親は離…