号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

二枚のプリント

   

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。

そのプリントは、交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。

それは交通事故で加害者の立場で亡くなった人の家族の話でした。

残されたのはお母さんと子供たち、上の子が小学二年生、下の子が五歳の男の子の兄弟です。

この人たちは、事故の補償などで家もなくなり、土地もなくなり、住む家もやっとのことで四畳半のせまい所に住めるようになりました。

お母さんは朝6時30分から夜の11時まで働く毎日です。

そんな日が続くある日、三人でお父さんのいる天国に行くことを考えてしまっていました。
(以下、プリントから)

朝、出かけにお兄ちゃんに、置き手紙ををした。

「お兄ちゃん、お鍋にお豆がひたしてあります。

それを煮て、今晩のおかずにしなさい。お豆がやわらかくなったら、おしょう油を少し入れなさい。」

その日も一日働き、私はほんとうに心身ともにつかれ切ってしまった。

皆で、お父さんのところに行こう。私はこっそりと睡眠薬を買ってきた。

二人の息子は、そまつなフトンで、丸くころがって眠っていた。

かべの子供たちの絵にちょっと目をやりながら、まくら元に近づいた。

そこにはお兄ちゃんからの手紙があった。

「お母さん、ぼくは、お母さんのてがみにあったように、お豆をにました。

 お豆がやわらかくなったとき、おしょう油を入れました。

 でも、けんちゃんにそれをだしたら、

 お兄ちゃん、お豆、しょっぱくて食べれないよ。

 と言って、つめたいごはんに、おみずをかけて、それをたべただけでねちゃった。

お母さん、ほんとうにごめんなさい。でもお母さん、ぼくをしんじてください。

ぼくのにたお豆を一つぶたべてみてください。

あしたのあさ、ぼくにもういちど、お豆のにかたをおしえてください。

でかけるまえに、ぼくをおこしてください。

ぼく、さきにねます。あした、かならずおこしてね。

お母さん、おやすみなさい。」

目からどっと、涙があふれた。

お兄ちゃんは、あんなに小さいのに、こんなに一生懸命、生きていてくれたんだ。

私は睡眠薬を捨て、子供たちのまくら元にすわって、お兄ちゃんの煮てくれた、しょっぱい豆を涙とともに一つぶ一つぶ、大事に食べました。

このお話を読み終えたとき、私と母の目から、涙が出てきました。

そうして、何度も、何度も、くり返し読みました。

私は、今まで、交通事故は被害者だけが悲しい思いをしていると思っていましたが、このお話を読んで、加害者も、私たち以上に悲しくせつない思いをしていることがわかりました。

毎日、毎日、日本のどこかで、こういう子供たちが生まれているのかと思うと、とてもたまりません。

どうか、お願いです。

車を運転するみなさん、交通事故など、絶対におこさないでください…。

 - その他泣ける話

  関連記事

no image
僕の中で何かが吹っ切れた。もう死のう。

今日、二輪免許に合格しました。教習所に通うようになってからバイク板を覗くようになり、
受かった暁にはどこかに書きたいと思ってたので、良ければ数レス使わせて下さい。
泣けると言うより、僕が泣いてしまった…

no image
『タモさんの弔辞』

タモリは手にしていた紙を何度も見ながら弔辞を読んでいたが、
紙は白紙で、すべてアドリブだった可能性がある。

7日夜放送のテレビ朝日「報道ステーション」では
弔辞の様子をVTRで伝え、映像から
「手に…

no image
二度とない夏休み

夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。

国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。

ペダルを漕がなくても。何もしなくて…

no image
多くの命を救った防災無線

宮城県南三陸町で、震災発生の際、住民に避難を呼びかけ、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが分かりました。

亡くなった町職員の遠藤未希さんの呼びかけがすべて収録されているほか、呼…

no image
駄菓子屋のお婆ちゃん

近所に昔からある古い駄菓子屋がある。

経営してるのは、お婆ちゃん一人だけ。
(お爺ちゃんは5年ほど前に病気で亡くなってしまった)

いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで、お金が無い子には…

no image
ヤンギャルの言葉

スーパーのレジをしてて、今日来た二人組のお客。

見た目はどちらも普通の男子高校生って感じだった。

が、並んだ新人のレジでエラーがでてまま動かない。

ベテランのパートさんが気付いて急いでレジを直し…

no image
京都で一人旅

私が京都で一人旅をしていた時でした。
離婚という大仕事を終え、自分自信の気持ちもやっと落ち着いた頃でした。
でもやっぱり、傷が癒える事はなくて、バイトしてためたお金を握りしめて、大原へいったんです。

no image
コロッケは俺を裏切らない。

コロッケは俺を裏切らない。

当時、ひとつ60円だった。
いつも5つ買っていた。揚げたて。ホカホカ、さくさく。

本来ならば、少し冷ました方がおいしくいただけるのだが、
いつも我慢できず、袋から一つ、…

no image
いじめられている君へ

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。

いばっていた先輩が3年になったとたん、無視されたこともありました。

突然のことで、わけはわかりませんでした。でも…

no image
人に何かをしてあげること

私は、比較的やさしい、思いやりのある人間だと自負していた。

長女で、忙しい両親に代わって妹や弟の面倒をみてきたことが習い性となったのか、頼まれごとをされれば、なんでも引き受けてしまうし、少しばか…