号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

サトラレナイ人

   

悟られない人がいる。

いつも穏やかに微笑んで、その陰にある気の遠くなるような忍耐を誰にも悟らせない人がいる。

悲しいことも、苦しいことも、痛いことも、自分の胸に収めて、笑顔を絶やさず、泣き言を言わず、頑張っている人がいる。

そんな人を見ると、後ろ姿にお辞儀をしたくなる。

友達の見舞いで通った病院に、そんな人がいた。

顔を合わせるといつも、花のつぼみがほころぶようなのんびりした笑顔で会釈してくださった。

話したことは結局一度もなかったけれど、友達から後で聞いた。

そのひと言を聞いて、たったそのひと言だけで、わかる訳でもないけれど。

元気に働いていたのに、ある日突然倒れたらしい。

原因不明の高熱が続いて、ようやく熱が下がった頃には言葉も満足にしゃべれず、身体の自由もきかなくなっていた。

少しずつ、本当に少しずつ、それは進歩しているのかどうかわからないぐらいの、まるで風に雲が流れてゆくぐらいの、ゆっくり、ゆっくりしたスピードで、もう何年もリハビリを続けているそうだ。

リハビリをやめると、筋力が徐々に失われてゆき、やがては動けなくなってしまう。

友達も、ほとんど言葉を交わしたことはなかったらしい。

肺に穴が開く病気で入院した友達は、スポーツ選手を続けることを断念せざるを得なかった。

その激しい苛立ちから、家族にも当たり散らしていたようだ。

人のことを気にかける気持ちには、とてもなれなかっただろう。

ある日、いつものようにリハビリをしているその人に
「何でそんなに頑張れるんですか?」
と聞いたそうだ。

「生きたいんです。すこしでもながく。」

当たり前のことだなんて言うなよ。

回復していく見込みだってほんの数%しかないらしいんだぞ。

俺、それ聞いて、それ以上そこにいられんかった。

トイレかけこんで泣いたわ。
めっちゃ泣いた。

なんかな、俺、自分がアホみたいに情けなぁなってな…。
そう言いながら、泣き出した。

悟られない人がいる。

言葉にしないからじゃなく、誰かの、何かのせいじゃなく、まぎれもない自分の強い意思の力で、人に悟らせない生き方を選んでいる人がいる。

強い。

そういう人を、強い人というんだろう。

「俺も、あんな風になれるやろか?
 まだ、なれるやろか?」

泣きながら、彼はそう言った。

悟られない人に、なりたいと思う。

悲しいことも、苦しいことも、痛いことも、自分の胸に収めて笑顔を絶やさず、泣き言を言わず。

もしそれでも悟ってくれる人がいたとしたら、その人はきっと、自分にとってかけがえのない大切な人だろう。

「生きたいんです。すこしでもながく。」

そう言ったあの人は、大切な人を守るために、今日も歩いているだろう。

 - その他泣ける話

  関連記事

no image
二枚のプリント

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。

そのプリントは、交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。

それは交通事故で加害者の立場で亡く…

no image
バー

大学4年の春。その土地を離れる前夜に
最後の挨拶、と思って一番世話になったバーに立ち寄った時
酒で知り合った飲み友達と一緒になった。

年上の女性で、喜んで飲みすぎる漏れ、悲しくて飲んだくれる漏れ、

no image
デンマークの紳士

デンマーク。

正式国名「デンマーク王国」

北欧の端に位置し、面積は43000平方キロメートル、北海道の半分ぐらい。

首都はコペンハーゲン、人口は531万人

いたって小さな国である。

言語は通…

no image
お別れのとき

もうダメっぽいね。
あんなに大きな車とぶつかっちゃったんだもんね、しょうがないね。
私にはエアバッグが無いからあなたに大けがさせてしまうんじゃないかって
心配だったけど大丈夫みたい。良かったわ。
最後…

no image
人に何かをしてあげること

私は、比較的やさしい、思いやりのある人間だと自負していた。

長女で、忙しい両親に代わって妹や弟の面倒をみてきたことが習い性となったのか、頼まれごとをされれば、なんでも引き受けてしまうし、少しばか…

no image
雪が積もったのを見て思いだした去年の話

雪が積もったのを見て思いだした去年の話。

去年子供が足を骨折したので
しばらくそりに乗せて幼稚園バスのバス停まで送迎していた。
その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら、
塀にこすったか…

no image
コロッケは俺を裏切らない。

コロッケは俺を裏切らない。

当時、ひとつ60円だった。
いつも5つ買っていた。揚げたて。ホカホカ、さくさく。

本来ならば、少し冷ました方がおいしくいただけるのだが、
いつも我慢できず、袋から一つ、…

no image
多くの命を救った防災無線

宮城県南三陸町で、震災発生の際、住民に避難を呼びかけ、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが分かりました。

亡くなった町職員の遠藤未希さんの呼びかけがすべて収録されているほか、呼…

no image
電車の中で

とある電車の中の話。

ある日、電車に乗っていると
少し離れた所に
スーツを着た20~30くらいの
男の人が座ってた

その人、マスク着けてんだけど
多分そんくらいだと思う。

何気なく見てたら

no image
『タモさんの弔辞』

タモリは手にしていた紙を何度も見ながら弔辞を読んでいたが、
紙は白紙で、すべてアドリブだった可能性がある。

7日夜放送のテレビ朝日「報道ステーション」では
弔辞の様子をVTRで伝え、映像から
「手に…