号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

金庫破り

   

あるところに、開けられない金庫はないと言われる金庫破りがいた。

男の仕事はすばやく、都会の金持ちや警察に噂される人間だった。

男の名前はジミーバレンタイン。

ある日、ジミーは田舎へ仕事に出かけた。

それとなく街の様子を伺いながら、銀行へ立ち寄ったとき、彼は出てきた女性に目を奪われた。

彼女は銀行の経営者の娘だった。

その美しさに見せられたが最後、彼は仕事をすっぱり辞めた。

街の靴屋になった彼は、周囲にラルフ・スペンサーと名乗ることにした。

1年後、ラルフは彼女と婚約し、前途ある美しいカップルとして羨ましがられた。

結婚が迫ったある日、彼女の銀行に最新式の金庫が届けられた。

それを見に集まった人の後ろに、笑みを浮かべた一人の男が立っていた。

ジミーを追い、彼を捜し続けた探偵だった。

その時事件は起こった。

大人達が金庫の前でナンヤカンヤと話している隙に、少女が金庫の中に閉じこめられてしまったのだ。

泣き叫ぶ子供の声が響き、パニックになる母親。

「隣町まで行かないと、カギは開かない」

「その間にこの子は窒息してしまうわ!」

その時、若く美しい婚約者が彼をじっと見つめた。

どうにかならないの?

その瞬間、彼の心は決まった。

彼は彼女の髪につけられていた薔薇のピンと取ると、友人に渡すはずだった七つ道具のアタッシュケースを開けた。

唖然としてる周りを無視して、彼はいつものように金庫に向かい始めた。

5分ほどすると、金庫はいとも簡単に開いて、ドアが開いた。

歓喜の声が上がる中、彼はそっと銀行を出た…

その後ろ姿に探偵が声をかけた。

「どちらへ行かれるんです」

「やあ…あなたでしたか。丁度警察へ行こうと思っていたんですよ」

「…何のことを言っているんですか?末永くお幸せに、ラルフ・スペンサーさん」

 - その他泣ける話

  関連記事

no image
自殺も考えたことが何度もあったけど

「自殺も考えたことが何度もあったけど、そのたびに好奇心が邪魔をしてね。
 世界はどうなっとるんだろうってね。この世の仕組みはなんだろうってね」

しらないおじいさんが言った。泣けた。
おじいさん…

no image
サトラレナイ人

悟られない人がいる。

いつも穏やかに微笑んで、その陰にある気の遠くなるような忍耐を誰にも悟らせない人がいる。

悲しいことも、苦しいことも、痛いことも、自分の胸に収めて、笑顔を絶やさず、泣き言を…

no image
サンタクロースは、私のカミサマです

中1の時、親の転勤でいきなりアメリカの学校に通う事になってしまった。
中1で田舎の中学でやってた英語なんで「Hello,this is pen」のレベル。
ひたすら「This is ○○」のレベル…

no image
二度とない夏休み

夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。

国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。

ペダルを漕がなくても。何もしなくて…

no image
多くの命を救った防災無線

宮城県南三陸町で、震災発生の際、住民に避難を呼びかけ、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが分かりました。

亡くなった町職員の遠藤未希さんの呼びかけがすべて収録されているほか、呼…

no image
デンマークの紳士

デンマーク。

正式国名「デンマーク王国」

北欧の端に位置し、面積は43000平方キロメートル、北海道の半分ぐらい。

首都はコペンハーゲン、人口は531万人

いたって小さな国である。

言語は通…

no image
バー

大学4年の春。その土地を離れる前夜に
最後の挨拶、と思って一番世話になったバーに立ち寄った時
酒で知り合った飲み友達と一緒になった。

年上の女性で、喜んで飲みすぎる漏れ、悲しくて飲んだくれる漏れ、

no image
駄菓子屋のお婆ちゃん

近所に昔からある古い駄菓子屋がある。

経営してるのは、お婆ちゃん一人だけ。
(お爺ちゃんは5年ほど前に病気で亡くなってしまった)

いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで、お金が無い子には…

no image
当たり前って?

僕は、現在高校生です。

こないだまでは
中学校に通ってました。

卒業式
卒業の別れというものを

高校に入学してから初めて気づきました。

『当たり前が当たり前ぢゃなくなる』…

no image
オリンピック

金栗四三というマラソンの選手がおられたのをご存知ですか?

国内で世界記録を20分以上も塗り替えるような記録を出しながらも本大会では日射病で倒れ、行方不明扱いにされてしまった。

日本の期待を一心に…