号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

魔法使いのコーラ

   

私の祖父はすごく恐い人で、明治生まれの頑固じじいっていう言葉がぴったりな人でした。

でも、昔のヒトなのにコーラとか若者が好むような食べ物が大好きだったんです。

私達姉弟が幼稚園くらいのときのコトだったと思います。

ある日祖父が庭の雪かきをやってて私達が手伝ってました。

そんな時祖父が突然私達たちに、
「ここ掘ってみろ!」
っていうんです。

なんだなんだと掘ってみると雪で冷やされたコーラが2本出てきました。

なんでコーラが出てきたの?って祖父に聞いても教えてくれません。

祖父は庭の裏手に見える遠くの山を指差して、
「あの山から魔法使いが運んできたんだ!」
の一点張り。。

コーラは250mlのやつで1本は祖父の分もう1本は私達の分。

1本のコーラを弟と分けあって興奮しながら飲んだ覚えがあります。

それから何日かコーラ掘りは続きました。

「いい子にしてないと魔法使いは運んできてくれないぞ!」

という祖父の言葉を信じその冬の私達はとてもいい子でした。

恐い祖父から魔法使いって言葉がでること自体私達にはオドロキで、しばらくは本気で信じてました。

魔法使いが運んできたんだ!と。

恐いだけになんだか真実味が溢れてて…まんまと騙されてました。(笑)

祖父は随分前に他界してしまいましたが、今でもスキー場など雪のあるところで、コーラを見かけると、祖父のコトを思い出します。

 - その他泣ける話

  関連記事

no image
雪が積もったのを見て思いだした去年の話

雪が積もったのを見て思いだした去年の話。

去年子供が足を骨折したので
しばらくそりに乗せて幼稚園バスのバス停まで送迎していた。
その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら、
塀にこすったか…

no image
ホームレスの男性がしてくれた贈り物

ある日俺は街へ出掛けた。
「暇だなぁ。本でみるか」
と思い本屋へ向かってる途中に一人のホームレスが寝ていた。
「邪魔くせーな。うぜー。」
と思い歩いてると突然3才くらいの男の子が道路に走っていった。す…

no image
「はやぶさ」最後の任務

はやぶさ(´・ω・`)「もうすぐ地球だなぁ。長かった・・・・」
    ( `・ω・´)「最後の任務だ!」
謎の声  ( ゚Д゚)「はやぶさよ」
はやぶさ(´・ω・`)「え、何?誰?」
謎の声…

no image
当たり前って?

僕は、現在高校生です。

こないだまでは
中学校に通ってました。

卒業式
卒業の別れというものを

高校に入学してから初めて気づきました。

『当たり前が当たり前ぢゃなくなる』…

no image
「機械」だったバイク

とある中古のバイク屋で店員をしていた。(今は転職して違う業種)

バイクは特に好きでも嫌いでもない。

金があれば欲しいな程度にしか思っていなかった。

免許も車に付いてくる原付しかない。

しか…

no image
ヤンギャルの言葉

スーパーのレジをしてて、今日来た二人組のお客。

見た目はどちらも普通の男子高校生って感じだった。

が、並んだ新人のレジでエラーがでてまま動かない。

ベテランのパートさんが気付いて急いでレジを直し…

no image
オリンピック

金栗四三というマラソンの選手がおられたのをご存知ですか?

国内で世界記録を20分以上も塗り替えるような記録を出しながらも本大会では日射病で倒れ、行方不明扱いにされてしまった。

日本の期待を一心に…

no image
もし、死がなかったら

NHKスペシャル「遺伝子」を見た。

その中で、生命の設計図である遺伝子の中には死というものがあらかじめプログラムされているということが述べられたところは圧巻だった。

はるか遠い昔、生命の進…

no image
二枚のプリント

交通安全週間のある日、母から二枚のプリントを渡されました。

そのプリントは、交通事故についての注意などが書いてあり、その中には実際にあった話が書いてありました。

それは交通事故で加害者の立場で亡く…

no image
お別れのとき

もうダメっぽいね。
あんなに大きな車とぶつかっちゃったんだもんね、しょうがないね。
私にはエアバッグが無いからあなたに大けがさせてしまうんじゃないかって
心配だったけど大丈夫みたい。良かったわ。
最後…