号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

人に何かをしてあげること

   

私は、比較的やさしい、思いやりのある人間だと自負していた。

長女で、忙しい両親に代わって妹や弟の面倒をみてきたことが習い性となったのか、頼まれごとをされれば、なんでも引き受けてしまうし、少しばかり自分の時間や労力を費やすことになっても、それを惜しむ気持ちにはあまりならない。

だから他人からは、面倒見がいいとか、気配りがあるとか、やさしいとか言われ、そう言われればもちろん悪い気はしないから、自分でも何となくそんな気になっていた。

そんなある日のことである。

食事中に私は、友人から意外なことを言われた。

共通の友人の窮地を見かねて、私が一肌脱いだ経緯を話し終わった時、彼は小さく溜め息をついて言ったのだ。

「君のやさしさってさ、自己満足的なところがあるよね」

私はカチンときた。

「どういうことよ、それ」

「いや、だからさぁ、君は確かに相手のために何かをしてあげているんだろうけど、結局それは、自分の美学をまっとうするためって感じが、ときどきするんだよね。」

彼は言いにくそうに、けれどもきっぱりと私に言ってのける。

私は猛然と反論しはじめた。

「何かしてあげて、それで少しばかりこちらの気分がよくなったら自己満足なの?
 やさしくしてあげよう、と心掛けていることをしたのに、それは自分の美学を遂行したにすぎないって言葉で片づけるの?
 それって、あんまりじゃない。
 もちろん私は神でも仏でも聖人でもないんだから、そりゃあ無垢な心でやってる訳ではないけど、相手のことを思ってやっているのは事実よ」

黙ってしまった彼の前で、私はひたすら言葉を続けた。

「百歩譲って偽善でもいいじゃないの。
 偽善でやさしくできるほうが、何にもしないより少しはましでしょ?
 能書きばかり言って、あなたみたいに何もしない人っていうのが一番始末が悪いのよ」

こちらもついつい興奮して、刃の鋭い言葉を投げつけてしまう。

彼は苦笑して私を見た。

「ごめんごめん。
 べつに君を批判してるわけじゃない。

 人に何かしてもらいたいってことばかり求めている人が多い中で、君みたいにしてあげることを喜べる人は、偉いと思ってるよ。

 ただ……。
 そこで立ち止まっているのは君らしくないと思ってるだけ。」

話はそこで終わり、気まずいまま私たちは店を出て、ほとんど会話をすることなく駅まで歩き、そしてそのまま別々の電車に乗った。

下り電車はまだ混んでいて、私は吊り革にぶら下がりながら、さっきの友人の言葉を思い返した。腹は立つのだが、何となく気になる。

残念だが心の奥底が、どこかで彼の言葉を認めているような気もしはじめていた。

 - その他泣ける話

  関連記事

no image
多くの命を救った防災無線

宮城県南三陸町で、震災発生の際、住民に避難を呼びかけ、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが分かりました。

亡くなった町職員の遠藤未希さんの呼びかけがすべて収録されているほか、呼…

no image
ヤンギャルの言葉

スーパーのレジをしてて、今日来た二人組のお客。

見た目はどちらも普通の男子高校生って感じだった。

が、並んだ新人のレジでエラーがでてまま動かない。

ベテランのパートさんが気付いて急いでレジを直し…

no image
『タモさんの弔辞』

タモリは手にしていた紙を何度も見ながら弔辞を読んでいたが、
紙は白紙で、すべてアドリブだった可能性がある。

7日夜放送のテレビ朝日「報道ステーション」では
弔辞の様子をVTRで伝え、映像から
「手に…

no image
約束の日

70年代の初め、私の家族は、関西のとある新興住宅地に引っ越してきた。

山を切り開いて造られた町は、自然に溢れ、太陽の光がさんさんと降り注ぎ、経済成長期の中、これほど幸せな環境はなかった。

私は、そ…

no image
「はやぶさ」最後の任務

はやぶさ(´・ω・`)「もうすぐ地球だなぁ。長かった・・・・」
    ( `・ω・´)「最後の任務だ!」
謎の声  ( ゚Д゚)「はやぶさよ」
はやぶさ(´・ω・`)「え、何?誰?」
謎の声…

no image
サトラレナイ人

悟られない人がいる。

いつも穏やかに微笑んで、その陰にある気の遠くなるような忍耐を誰にも悟らせない人がいる。

悲しいことも、苦しいことも、痛いことも、自分の胸に収めて、笑顔を絶やさず、泣き言を…

no image
当たり前って?

僕は、現在高校生です。

こないだまでは
中学校に通ってました。

卒業式
卒業の別れというものを

高校に入学してから初めて気づきました。

『当たり前が当たり前ぢゃなくなる』…

no image
僕の中で何かが吹っ切れた。もう死のう。

今日、二輪免許に合格しました。教習所に通うようになってからバイク板を覗くようになり、
受かった暁にはどこかに書きたいと思ってたので、良ければ数レス使わせて下さい。
泣けると言うより、僕が泣いてしまった…

no image
電車の中で

とある電車の中の話。

ある日、電車に乗っていると
少し離れた所に
スーツを着た20~30くらいの
男の人が座ってた

その人、マスク着けてんだけど
多分そんくらいだと思う。

何気なく見てたら

no image
京都で一人旅

私が京都で一人旅をしていた時でした。
離婚という大仕事を終え、自分自信の気持ちもやっと落ち着いた頃でした。
でもやっぱり、傷が癒える事はなくて、バイトしてためたお金を握りしめて、大原へいったんです。