号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

多くの命を救った防災無線

   

宮城県南三陸町で、震災発生の際、住民に避難を呼びかけ、多くの命を救った防災無線の音声が完全な形で残っていることが分かりました。

亡くなった町職員の遠藤未希さんの呼びかけがすべて収録されているほか、呼びかけがどのような判断で行われていたかをうかがわせるものとなっています。

NHKが入手した音声は、津波で職員や住民、合わせて41人が亡くなった南三陸町の防災対策庁舎から発信された、およそ30分の防災無線の放送をすべて収録したものです。

地震発生の直後から放送が始まり、サイレンに続いて、危機管理課の職員だった遠藤未希さんが

「震度6弱の地震を観測しました。津波が予想されますので、高台へ避難して下さい」
と呼びかけていました。

この時点で大津波警報は出ていませんでしたが、町は独自の判断で津波への警戒を呼びかけていました。

周囲にいた人の声も収録されていて、大津波警報が出たあと、津波の高さについて
「最大6メートルを入れて」
と指示され、未希さんは、6メートルという情報と「急いで」とか「直ちに」という言葉を呼びかけに付け加えていました。

また、周囲の
「潮が引いている」
という言葉に反応して
「ただいま、海面に変化が見られます」
と臨機応変に対応していたことも分かります。

津波を目撃したとみられる職員の緊迫した声のあと、未希さんの呼びかけは
「津波が襲来しています」
という表現に変わっていましたが、高さについては
「最大で6メートル」
という表現が続き、最後の4回だけ
「10メートル」
に変わっていました。

当時、未希さんたちと一緒に放送を出していた佐藤智係長は
「水門の高さが5.5メートルあり、防災対策庁舎の高さも12メートルあったので、6メートルならば庁舎を越えるような津波は来ないと思っていた」
と話しています。

音声は、なおも放送を続けようとする未希さんの声を遮るように
「上へあがっぺ、未希ちゃん、あがっぺ」
という周囲の制止のことばで終わっていました。

呼びかけは62回で、このうち18回は課長補佐の三浦毅さんが行っていました。

男性の声でも呼びかけて、緊張感を持ってもらおうとしたということです。

三浦さんは今も行方が分かっていません。

この音声を初めて聞いた未希さんの母親の遠藤美恵子さんは

「この放送を聞いて、本当に頑張ったんだと分かりました。

 親として子どもを守ってあげられなかったけど、私たちが未希に守られて、本当にご苦労さまというしかないです」

と話していました。

 - その他泣ける話

  関連記事

no image
サトラレナイ人

悟られない人がいる。

いつも穏やかに微笑んで、その陰にある気の遠くなるような忍耐を誰にも悟らせない人がいる。

悲しいことも、苦しいことも、痛いことも、自分の胸に収めて、笑顔を絶やさず、泣き言を…

no image
電車の中で

とある電車の中の話。

ある日、電車に乗っていると
少し離れた所に
スーツを着た20~30くらいの
男の人が座ってた

その人、マスク着けてんだけど
多分そんくらいだと思う。

何気なく見てたら

no image
デンマークの紳士

デンマーク。

正式国名「デンマーク王国」

北欧の端に位置し、面積は43000平方キロメートル、北海道の半分ぐらい。

首都はコペンハーゲン、人口は531万人

いたって小さな国である。

言語は通…

no image
『タモさんの弔辞』

タモリは手にしていた紙を何度も見ながら弔辞を読んでいたが、
紙は白紙で、すべてアドリブだった可能性がある。

7日夜放送のテレビ朝日「報道ステーション」では
弔辞の様子をVTRで伝え、映像から
「手に…

no image
約束の日

70年代の初め、私の家族は、関西のとある新興住宅地に引っ越してきた。

山を切り開いて造られた町は、自然に溢れ、太陽の光がさんさんと降り注ぎ、経済成長期の中、これほど幸せな環境はなかった。

私は、そ…

no image
病院に書いてあったラクガキ

大きな病院に通院していました。

ある日、男子トイレの洋式の方に入り座ると、ドア裏に小さな落書きがあったのです。

『入院して二ヶ月 直らない もうだめだ』

そして二週間後
(その落書きの事はすっか…

no image
いじめられている君へ

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。

いばっていた先輩が3年になったとたん、無視されたこともありました。

突然のことで、わけはわかりませんでした。でも…

no image
ヤンギャルの言葉

スーパーのレジをしてて、今日来た二人組のお客。

見た目はどちらも普通の男子高校生って感じだった。

が、並んだ新人のレジでエラーがでてまま動かない。

ベテランのパートさんが気付いて急いでレジを直し…

no image
ホームレスの男性がしてくれた贈り物

ある日俺は街へ出掛けた。
「暇だなぁ。本でみるか」
と思い本屋へ向かってる途中に一人のホームレスが寝ていた。
「邪魔くせーな。うぜー。」
と思い歩いてると突然3才くらいの男の子が道路に走っていった。す…

no image
ロールプレイングゲーム

泣けるというか、俺が泣いたゲーム。

RPGツクールのプレステ版で、
小学生の弟に遊んでもらおうと思って、
家族ネタで弟が勇者になって母親を救い出す。
っていうRPGを作った。

弟は小学生、父親は離…