号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

先週娘が結婚したよ。

   

先週娘が結婚したよ。
口が悪くて、俺とはあんまり話とかしなくなってた娘だけど
当日の朝「お父さん、お母さん。今から行ってきます。
本当に今まで育ててくれてありがとう。
湿っぽいの苦手だし、晴れの舞台だから泣いた顔で行きたくないから。
だから、ごめん、もう行ってくるね。
別に結婚したら娘じゃなくなるとかってそんなバカみたいな古い考え無いし。
あたしはずっとお父さんとお母さんの娘だから。
だからあんま寂しがんなくていいから」
って言われた。
バカヤロー寂しいに決まってんじゃねーか…
ジューンブライドってやつか、このスイーツ(笑)め。
娘は嫁に似て超メシウマなんだが、結婚前の数週間ずっと晩飯作ってたな。
バージンロード歩く時、「なんか照れるなー」
「つーか泣かないでね、みっともないし」なんて言われたな。
手を離す時の苦しさをお前らも味わえwwww
色々冠婚葬祭板よんだけど、寒い演出として体重ベア、スライド、新婦の手紙朗読があったけど
全部が全部悲しいとか喜びとか切なさとか
ホントやってくれてありがとうだったな。
今は嫁の目を盗んで体重ベアを抱っこしてる。
いつまでも家に居てくれるって何となく思ってたんだよな。
さみしいなぁーーーーーーw

 - 父の泣ける話

  関連記事

no image
無口で頑固な父

私の父は無口で頑固で本当にこわくて、親戚中が一目置いている人でした。

家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母がせわしなく動いていた記憶があります。

私が結婚する事になり、ドキドキしなが…

no image
お父さんの携帯電話

嫁さんのお父さんが亡くなった。。。

癌だった。

嫁さんは最後の一ヶ月付きっきりで看病し、病院で寝泊まりしていた。

嫁さんにしてみれば、それほどに愛したお父さんだった。

葬儀が済み、四十…

no image
死んだ親父

死んだ親父はよく食いに連れてってくれたな

うまいんだけど、親父は食うのが早くて、

食い終わるとじっと怒ったよな顔でオレが食べるのを見てた。

「早く食え」って言ってるみたいでちょっとヤだった。

no image
顔も知らない父

自分は父の顔を知らない。

自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。

母に
「お父さんの名前、なんて―の?」
「お父さんの写真、見して!」
「お父さん、メガネかけてたの?」

とか聞いても、黙っ…

no image
ダメな父親

その日父さんは、いつものように母さんと激しい口ゲンカをしていた。

いつも自分のココロの中で、ひそかに思っていた。

「こんな親にぜってぇならねぇ。いつか出て行ってやる…。」

母さんは酒に狂って…

no image
寿司の達人

うちの親父はかなりボケが進み 脳味噌プリン状態

息子である俺の顔もわからんようだが台所に立たせると、スイッチが入ったかのように豹変し、マシーンのように一切無駄な動きをせずに、酢飯の仕込みから魚の…

no image
親父の時計

大学が決まり一人暮らしの前日の日、親父が時計をくれた。

金ピカの趣味の悪そうな時計だった。

「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」

そういってた。

二年生のある日、ギャンブル…

no image
最愛なるパパ

パパはとても優しい人だった。
家族にどんな言葉を投げかけられても
怒ったり、言い返す事もなく
全てを受け入れて一人で抱え込む様な
そんな優しいパパだった。

でも、そんなパパにも限界が来た。
パパは鬱…

no image
横になったビール

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた。

そんなわけはないと、と言っても聞かず、冷蔵庫に決まってビールを横にして冷やしていた。

酒以外煙草もギャンブルやらない親父にとって、ビールに関…

no image
父の記憶

私は父の記憶がありません。
父は、私が1歳7ヶ月の時に交通事故で帰らぬ人となりました。
私には年の離れた兄姉がいます。
兄は13歳、姉は10歳離れています。
母が私を妊娠した時、30代半ばを過ぎていま…