号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

寿司の達人

   

うちの親父はかなりボケが進み 脳味噌プリン状態

息子である俺の顔もわからんようだが台所に立たせると、スイッチが入ったかのように豹変し、マシーンのように一切無駄な動きをせずに、酢飯の仕込みから魚の捌きまでを黙々とこなし、現役時代となんら変わることのない熟練の手つきで寿司を握る

その時、親父には家族は客にしか見えてないようで普段のフガフガした口調とはガラリと変わり、威勢のいい声で
「へいらっしゃい なに握りやしょうか?」

おかげで我が家は月に一度、達人の本格江戸前寿司を味わえるのであった

初めはボケの進行を抑えるためのリハビリの一環のつもりだったが、さすがは13歳から寿司を握り続ける父。

ボケてもなお衰えぬその手さばきには感嘆を漏らすしかなかった

「ホントにあんたは寿司バカなんだねぇ」

とは、いつも涙をぬぐいながら寿司を食べる俺の母の談である

 - 父の泣ける話

  関連記事

no image
先週娘が結婚したよ。

先週娘が結婚したよ。
口が悪くて、俺とはあんまり話とかしなくなってた娘だけど
当日の朝「お父さん、お母さん。今から行ってきます。
本当に今まで育ててくれてありがとう。
湿っぽいの苦手だし、晴れの舞台だ…

no image
無口で頑固な父

私の父は無口で頑固で本当にこわくて、親戚中が一目置いている人でした。

家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母がせわしなく動いていた記憶があります。

私が結婚する事になり、ドキドキしなが…

no image
『ありがとう』しか言えなくて

私が2人目を出産するちょうど1ヶ月前に父は他界しました。
病気が発見された時、すでに余命1ヶ月と診断されていたそうです(告知せず)
きっと家族で過ごすお正月はこれが最後でしょうから入院はお正月明けにし…

no image
親父の時計

大学が決まり一人暮らしの前日の日、親父が時計をくれた。

金ピカの趣味の悪そうな時計だった。

「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」

そういってた。

二年生のある日、ギャンブル…

no image
大好きなお父さん

去年の10月、5年前に肺癌を患い長い闘病生活を続けていた父がなくなった。60歳だった。

私は一人っ子で、とても可愛がられて育ったと思う。父と母は22歳で結婚したが、母が子宮の病気を患ったり不妊症治…

no image
横になったビール

ビールは横に冷やすとうまい、と父は言っていた。

そんなわけはないと、と言っても聞かず、冷蔵庫に決まってビールを横にして冷やしていた。

酒以外煙草もギャンブルやらない親父にとって、ビールに関…

no image
顔も知らない父

自分は父の顔を知らない。

自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。

母に
「お父さんの名前、なんて―の?」
「お父さんの写真、見して!」
「お父さん、メガネかけてたの?」

とか聞いても、黙っ…

no image
最愛なるパパ

パパはとても優しい人だった。
家族にどんな言葉を投げかけられても
怒ったり、言い返す事もなく
全てを受け入れて一人で抱え込む様な
そんな優しいパパだった。

でも、そんなパパにも限界が来た。
パパは鬱…

no image
子供の時から親父の部屋を覗きに行くのが好きだった

子供の時から、親父の部屋を覗きに行くのが好きだったんだ。
なにかしら楽しい物や、笑える行動があったよ。

コンコンとノックする。「おーい、お父さーん」「…なんだ?」

ある時は、机で姿勢正しくマンガを…

no image
死んだ親父

死んだ親父はよく食いに連れてってくれたな

うまいんだけど、親父は食うのが早くて、

食い終わるとじっと怒ったよな顔でオレが食べるのを見てた。

「早く食え」って言ってるみたいでちょっとヤだった。