号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

ドジでアホなオカン

   

俺のオカン。アホなオカン。
何回言うても違う銘柄のタバコ買ってくる。
俺のオカン。ドジなオカン。
いっつもなんもないとこでこけかけとる。
俺のオカン。機械音痴なオカン。
未だにメールが上手く打てへん。
俺のオカン。優しいオカン。
「金ない」言うたらすぐ財布から金出してくる。
金ないんちゃうんか。
親父が死んで1人で働いてギリギリの生活してんのに、
笑顔で「これ少ないけど」って2千円。
俺にこんなキレイな金使う資格ないねん。
俺万引きもしてるし人の金パクったりもしてんねん。
見てみぃ、俺にそんな金渡したからまたオカンのメシだけむっちゃ少ないやないか。
「オカン明日も仕事やろ、食えや」
って言うても
「腹減ってへん。ええさかいアンタ食べ」
って。
ウソつくなや、オカンむちゃくちゃ痩せたやないか。
ゴメンてオカン、俺バイトするからもう無理せんといてくれや。
見てみぃ、オカン倒れたやないか。
自分が情けなくてしょうがなかったわ。
せやのになんで見舞いに行ったら「ゴメンな、ゴメンな」て謝んねん。
謝んのは俺やろが。
ええから早よ元気なってまたドジでアホなオカン見せてくれや。
俺ちゃんとバイトしてるし。
またメール教えたるやん。

せやのに

せやのになんで死ぬねん。
なんで最後まで謝りながら逝くねん。
オカン死んだん俺のせいやん。
アホか。
ホンマにアホやな、オカンは。
でも一番のアホは

俺やな。
ゴメンな、オカン。
俺親父とオカンの生き残した分一生懸命生きるし、どっかで見といてな。
ありがとう、俺のオカン。

 - 母の泣ける話

  関連記事

no image
街の花火

母は、僕を女手一人で育てた。

僕の幼かったころに、亡くなった父は、マンションの10階を母に残した。

そのマンションからは、夏に花火をみることができる。

父と母が過ごした街の花火。

毎年花火…

no image
かぁちゃんを化粧してあげる

母にはじめて化粧したのは静かな病室でだった 死化粧だった
看護師さんが持ってきた病院の備品であろう一通りの化粧品
うちは色白家系なんだからこのファンデーションの色は合わないよ
と思いながらパフにとりま…

no image
おととしの、秋の話しです。

おととしの、秋の話しです。
私が小学校5年の時に家をでて、居場所のわからなかった母に、
祖母の葬式の時、23年振りで、顔をあわせました。
その時、母の家に遊びに行く約束をしました。

その日は…

no image
母からのビデオレター

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なん…

no image
母と私

職場の人達が、自分の子供の話をする時は、ナースではなく『母親』の顔になる。 その光景を見てると…母のことを思い出してしまう。
思い出すと同時に、もしあの時助けられていたならば、こんな未来が私達親娘の間…

no image
うちは貧乏な母子家庭だった

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった
だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた
絵は上手じゃない
ただ、どうにかして形に残したかったらしい

no image
完璧な母親

幼児のころから、母には虐待されて育った。
子供らしい些細なまちがいをしただけで、一晩中、執拗に殴られた。
髪を掴まれ逆さに水風呂に突っ込まれて、呼吸がとまったこともある。
立てた襟に首をひそめて、絞め…

no image
18年勤めた会社を辞めて気付いた事

高校を卒業してから18年勤めた会社を今月辞めた。
18年間で実家に帰ったのは数えられるほどだった。
いや、電話したのだって一年で1,2回だけで、用事があるときにしかかけてなかった。

今日、母が…

no image
大切な人あなたにはいますか?

たぶん私は誰よりも
わがままで短気だとおもう

だから周りの人に
迷惑をかけすぎた

だれもが通る道
“”反抗期”"

昔私も通った、

その頃は親が
本当に嫌いで
死ねばいいのに
って本気で思…

no image
うち母子家庭で貧乏なんだけど

うち母子家庭で貧乏なんだけど、苦労かけてるから中学生の時に、
がんばってお金貯めて、けっこうな値段で初めての母の日のプレゼントを買ったんだよね

渡した時は良かったんだけど、その後別のことで喧嘩して…