号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

母と私

   

職場の人達が、自分の子供の話をする時は、ナースではなく『母親』の顔になる。 その光景を見てると…母のことを思い出してしまう。
思い出すと同時に、もしあの時助けられていたならば、こんな未来が私達親娘の間にも訪れていたのだろうか……なんてことを考えてしまう。

助けられなかった。親孝行できなかった。もっと色んなことを話し合えば良かった。もっと一緒に過ごす時間を作れば良かった。
次々と出てくる後悔に、胸が苦しくなる…。

今なら、あなたがどれ程強い人だったのか…私をどれ程愛してくれていたのか分かるのに…。

あなたが生きていた時の私は、闘病しながら仕事や育児、家事をすることがどれだけ大変なことなのか…全く分かっていなかった。

だから、決していい娘ではなかったと思う。

でも、あなたは最後まで私の事を自慢の娘だと周りに言っていたよね。
何も分かってあげれてなかった、バカな娘なのに…。

やっと、あなたに心の底からの感謝の気持ちを伝えられるような私になったのに……肝心のあなたがいない。
骨となったあなたには肉体がない。
霊感のない私は、あなたを感じることができない…。
怖い話などが大嫌いな私が初めて霊感が欲しいと思った。
あなたを感じることができるならば…どんな、怖い思いも我慢できる。

だから…どうかあなたを感じさせて欲しい。
感謝の気持ちを…ありがとう。の一言でもいいからあなたに届けたい。

たった五文字の言葉なのに…あなたはそれさえも届かない所にいってしまった…。

きっと前を向きながら歩いていたとしても、あなたのことを思い出し、何度も後悔をするのだろう…。。。

ねえ、聞こえている?
夢でいいから、出てきて。
伝えたい言葉があるんだ…。
お母さん。

 - 母の泣ける話

  関連記事

no image
最後の最後までありがとう

私のお母さんが病気になったのは私が生まれてすぐ、なりました。
その病気は精神関係です。

幼稚園にはいったころ、お母さんは第二の病気にかかりました。
アルコール依存症。

あとからの話でわかるとおもい…

no image
ままへ

ままへ。

いつも怒らせてごめんね。

いつも困らせてごめんね。

病気になんかになってごめんね。

まま、たくさん面倒みてくれたのに

わたしはままの老後の面倒をみれるかわかりません。

ごめんね…

no image
私は何一つ親孝行などしてない

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。

母がパートに出て何とか生活できているよう程度の生活だ。

学校の集金のたびに母親がため息をついていたのをよく憶えている。

別段、小学校、中学校は何とも思…

no image
ドジでアホなオカン

俺のオカン。アホなオカン。
何回言うても違う銘柄のタバコ買ってくる。
俺のオカン。ドジなオカン。
いっつもなんもないとこでこけかけとる。
俺のオカン。機械音痴なオカン。
未だにメールが上手く打てへん。…

no image
亡き息子へ。

長いし文章力もまとまりも無いけど
書かせてください。

私には家族がいました。
いや、今も家族です。

愛する彼氏に愛する息子。

今年の七月には三人家族の予定でした
でも私達二人は息子に会う事が

no image
マザー・テレサの言葉

「あなたの中の最良のものを  by マザー・テレサ」

人は不合理、非論理、利己的です。

気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。

no image
正社員の面接

火曜日に正社員の面接行ったのね。もうこれで20数社目。
今まで全部駄目だった。
それで、その日は車でしか行けないところだったんで、
母親が仕事を休んで付き添ってくれた。
駐車場の社内に母を待たせて面接…

no image
「沖縄に行かない?」

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。

当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。

「忙しいから駄目」
と言ったのだが母はなかなか諦めない。

「どうしても駄目?」
「今大事な時期だ…

no image
うちは貧乏な母子家庭だった

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった
だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた
絵は上手じゃない
ただ、どうにかして形に残したかったらしい

no image
カァチャン、元気にしていますか?

カァチャン、元気にしていますか?
居なくなってから九年がたちました。
九年も経ったのに、まだ寂しくて、たまに涙する事があります。
一児の母になったのに、まだ泣き虫の私を叱りに来て下さい。

カ…