号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

最後の最後までありがとう

   

私のお母さんが病気になったのは私が生まれてすぐ、なりました。
その病気は精神関係です。

幼稚園にはいったころ、お母さんは第二の病気にかかりました。
アルコール依存症。

あとからの話でわかるとおもいます。
真っ昼間からずっとお酒を買いあさり…。
ぐびぐび、平気に飲んだりして。

お父さんはやめとけシと怒ったが、お母さんは反抗して、それが毎日のように夫婦ゲンカが耐えなかったらしいです。

その影響で、家族崩壊寸前。そこでお母さんを病院に一年以上もの、長い間入院せざるをえなかったです。
なので、親戚の家に預けられてさみしい思いをしてしまいました…。
小学校3年になったある日、お母さんはまた病気にかかりました。

摂食障害。
食べてははいて食べてははいて…、
その繰り返しが絶えず、苦しかったようです。

小学校6年に上がった直後、お母さんはさらに病気が悪化し、深刻な状態に至りました。

ICUで5日間も昏睡状態に。起きてしばらくは精神状態がおかしかったらしいです。
しかし…。秋に事件は起こりました。

11月某日。お母さんが倒れてることにお父さんは気づき、すぐさま救急車をよびましたが残念ながら…。
お母さんは13年ものの長い闘病生活を終えました。

私には姉が2人いるので、三人姉妹の成長が楽しみで仕方がなかったらしいです。

お母さんはどんなに大変だったか…。
まだまだ若いのに…とおもいます。

最後のプレゼントがぬいぐるみ(っていうかマスコット?)。
大事に使いたいです。

お母さん、今までありがとう。
お母さんの分まで生きるよ。
みんなと一緒に一生懸命頑張るよ。

またいつか会えますように…。

 - 母の泣ける話

  関連記事

no image
完璧な母親

幼児のころから、母には虐待されて育った。
子供らしい些細なまちがいをしただけで、一晩中、執拗に殴られた。
髪を掴まれ逆さに水風呂に突っ込まれて、呼吸がとまったこともある。
立てた襟に首をひそめて、絞め…

no image
『天国からのビデオレター』

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、
死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。
その時、サキちゃんはまだ2歳。

「あなた、サキのためにビデオを3本残します。
 このビデオの1本目は、サキの3歳の誕生日…

no image
最高のママ

もう10年も前の話。
妻が他界して1年がたった頃、当時8歳の娘と3歳の息子がいた。
妻がいなくなったことをまだ理解できないでいる息子に対して、
私はどう接してやればいいのか、父親としての不甲斐なさに悩…

no image
一人のダメ人間

…昔々 ある所に一人の駄目人間がいました

そいつは大学を中退して社会に出るため職を転々と廻ったんだ
1社
2社
3社…

ちょうど冬の寒さが身に沁みる時期でしょうか

12社目を受けた時です…

no image
うちは貧乏な母子家庭だった

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった
だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた
絵は上手じゃない
ただ、どうにかして形に残したかったらしい

no image
ドジでアホなオカン

俺のオカン。アホなオカン。
何回言うても違う銘柄のタバコ買ってくる。
俺のオカン。ドジなオカン。
いっつもなんもないとこでこけかけとる。
俺のオカン。機械音痴なオカン。
未だにメールが上手く打てへん。…

no image
母と私

職場の人達が、自分の子供の話をする時は、ナースではなく『母親』の顔になる。 その光景を見てると…母のことを思い出してしまう。
思い出すと同時に、もしあの時助けられていたならば、こんな未来が私達親娘の間…

no image
母からのビデオレター

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なん…

no image
おまえらも数えてみ?

ところでさ、一人暮らししてる人は年に何日実家に帰ってる?

俺は仕事が忙しくて夏休み3日正月休み3日の、計年間6日位なんだけどさ。

俺のカーチャン今50歳で、考えたくないけど、女性の平均寿命から考え…

no image
職場のイジメ

地元から遠く離れた所で就職して、過酷な仕事と職場のイジメで鬱になった。

通院治療しながら、家族のお荷物と思われるのが嫌で、家には内緒にしてメールで
「元気にしてるよ」
って送ってた。

そしたらある…