号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

最後の最後までありがとう

   

私のお母さんが病気になったのは私が生まれてすぐ、なりました。
その病気は精神関係です。

幼稚園にはいったころ、お母さんは第二の病気にかかりました。
アルコール依存症。

あとからの話でわかるとおもいます。
真っ昼間からずっとお酒を買いあさり…。
ぐびぐび、平気に飲んだりして。

お父さんはやめとけシと怒ったが、お母さんは反抗して、それが毎日のように夫婦ゲンカが耐えなかったらしいです。

その影響で、家族崩壊寸前。そこでお母さんを病院に一年以上もの、長い間入院せざるをえなかったです。
なので、親戚の家に預けられてさみしい思いをしてしまいました…。
小学校3年になったある日、お母さんはまた病気にかかりました。

摂食障害。
食べてははいて食べてははいて…、
その繰り返しが絶えず、苦しかったようです。

小学校6年に上がった直後、お母さんはさらに病気が悪化し、深刻な状態に至りました。

ICUで5日間も昏睡状態に。起きてしばらくは精神状態がおかしかったらしいです。
しかし…。秋に事件は起こりました。

11月某日。お母さんが倒れてることにお父さんは気づき、すぐさま救急車をよびましたが残念ながら…。
お母さんは13年ものの長い闘病生活を終えました。

私には姉が2人いるので、三人姉妹の成長が楽しみで仕方がなかったらしいです。

お母さんはどんなに大変だったか…。
まだまだ若いのに…とおもいます。

最後のプレゼントがぬいぐるみ(っていうかマスコット?)。
大事に使いたいです。

お母さん、今までありがとう。
お母さんの分まで生きるよ。
みんなと一緒に一生懸命頑張るよ。

またいつか会えますように…。

 - 母の泣ける話

  関連記事

no image
街の花火

母は、僕を女手一人で育てた。

僕の幼かったころに、亡くなった父は、マンションの10階を母に残した。

そのマンションからは、夏に花火をみることができる。

父と母が過ごした街の花火。

毎年花火…

no image
うち母子家庭で貧乏なんだけど

うち母子家庭で貧乏なんだけど、苦労かけてるから中学生の時に、
がんばってお金貯めて、けっこうな値段で初めての母の日のプレゼントを買ったんだよね

渡した時は良かったんだけど、その後別のことで喧嘩して…

no image
「沖縄に行かない?」

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。

当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。

「忙しいから駄目」
と言ったのだが母はなかなか諦めない。

「どうしても駄目?」
「今大事な時期だ…

no image
ままへ

ままへ。

いつも怒らせてごめんね。

いつも困らせてごめんね。

病気になんかになってごめんね。

まま、たくさん面倒みてくれたのに

わたしはままの老後の面倒をみれるかわかりません。

ごめんね…

no image
うちは貧乏な母子家庭だった

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった
だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた
絵は上手じゃない
ただ、どうにかして形に残したかったらしい

no image
母のお弁当

母にお弁当を作ってもらったのは高校3年間だった。
友人には、学食でお昼を食べる子も多くてうらやましいと思っていた。
「お弁当いらないからお金ちょうだい 学食で食べるから」
っていう日もあった。

ある…

no image
母からのビデオレター

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なん…

no image
社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。
「いつもありがとう」ってプレゼントを渡したかった。

でも照れくさいし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえないと怖かった。
だから「選ぶのめんどい…

no image
一人のダメ人間

…昔々 ある所に一人の駄目人間がいました

そいつは大学を中退して社会に出るため職を転々と廻ったんだ
1社
2社
3社…

ちょうど冬の寒さが身に沁みる時期でしょうか

12社目を受けた時です…

no image
亡き息子へ。

長いし文章力もまとまりも無いけど
書かせてください。

私には家族がいました。
いや、今も家族です。

愛する彼氏に愛する息子。

今年の七月には三人家族の予定でした
でも私達二人は息子に会う事が