号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

大切な人あなたにはいますか?

   

たぶん私は誰よりも
わがままで短気だとおもう

だから周りの人に
迷惑をかけすぎた

だれもが通る道
“”反抗期”"

昔私も通った、

その頃は親が
本当に嫌いで
死ねばいいのに
って本気で思ってた

今になっては
笑えるよね

でもそのころは
そんな風に思ってた。

特に父親じゃなくて
母親のこと、

いちいち
あれこれいってきて
門限とか学校のこととか

とにかくうざかった

でもある日

本当なんもない普通の日

母はなんもまいぶれもなく
突然交通事故でなくなった

なんもいえなかった
意味がわからん、
なんで?
どおして?

相手を恨む
気力もなかったね

本気死んでもいいと
思ってた相手

いつもいて当たり前だった人

朝起きて思う事は
あー本当にいないんだなあ

誰でも親を憎む時あるけど
いなくなったらね、
本当後悔ばっか

なぜか悪いところは
ひとつも思いうかばないよ

これを読んでる人
親孝行してってゆーのは
難しいよ

でも大切にしてあげて下さい

交通事故とか病気とか
本当いつ起きても
おかしくない。

だから大切に
したあげて下さい。

今子供が2人います。
まだ5歳と2歳です

本当自分が親になったら
母の気持ちがわかる

ごめんねありがとう
大好き

本人には
言えなかったけどね

みなさん
こんな後悔だらけの
人生どうか歩まないで

自分のまわりのひと

いつもいるのが
当たり前じゃなくなる日
考えた事ありますか?

一日一日大切に
生きて下さい

亡き母へ

お母さんなんであの時
事故にあったの?

悪いと思ってんなら
もどってきて
みんなに謝れ!

なんて言える立場じゃないね

ごめんなさい
お母さんのいう事聞かないで
夜遊びいっぱいしてたね

“”いまどこ?”"

“”早く帰ってきなさい”"

ずっとメールきてたけど
無視して
友達と呑んだり

馬鹿ばっかやってた

その頃は本当
わるいって
1ミリも思わなかったし
毎日毎日楽しかった

帰ってくるのは
早くて夜の12時前後

寝ないで私の帰り
まっててくれてた

怒りにまってたんじゃなくて
心配してまってて
くれていたんだね

私もお母さんみたいな
母親になりたい

今まで本当ありがとう

おわり

 - 母の泣ける話

  関連記事

no image
かぁちゃんを化粧してあげる

母にはじめて化粧したのは静かな病室でだった 死化粧だった
看護師さんが持ってきた病院の備品であろう一通りの化粧品
うちは色白家系なんだからこのファンデーションの色は合わないよ
と思いながらパフにとりま…

no image
出撃前日

お母さん、とうとう悲しい便りをださねばならないときがきました。

晴れて特攻隊員と選ばれて出陣するのは嬉しいですが、お母さんのことを思うと泣けて来ます。

母チャン、母チャンが 私をたのみと必死…

no image
18年勤めた会社を辞めて気付いた事

高校を卒業してから18年勤めた会社を今月辞めた。
18年間で実家に帰ったのは数えられるほどだった。
いや、電話したのだって一年で1,2回だけで、用事があるときにしかかけてなかった。

今日、母が…

no image
亡き息子へ。

長いし文章力もまとまりも無いけど
書かせてください。

私には家族がいました。
いや、今も家族です。

愛する彼氏に愛する息子。

今年の七月には三人家族の予定でした
でも私達二人は息子に会う事が

no image
一人のダメ人間

…昔々 ある所に一人の駄目人間がいました

そいつは大学を中退して社会に出るため職を転々と廻ったんだ
1社
2社
3社…

ちょうど冬の寒さが身に沁みる時期でしょうか

12社目を受けた時です…

no image
うちは貧乏な母子家庭だった

うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった
だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた
絵は上手じゃない
ただ、どうにかして形に残したかったらしい

no image
母からのビデオレター

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なん…

no image
うち母子家庭で貧乏なんだけど

うち母子家庭で貧乏なんだけど、苦労かけてるから中学生の時に、
がんばってお金貯めて、けっこうな値段で初めての母の日のプレゼントを買ったんだよね

渡した時は良かったんだけど、その後別のことで喧嘩して…

no image
「沖縄に行かない?」

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。

当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。

「忙しいから駄目」
と言ったのだが母はなかなか諦めない。

「どうしても駄目?」
「今大事な時期だ…

no image
大事な息子

小さいころ家の貯金箱をくすねていたのがバレて、母親にボロボロになるまで怒られた。

そのまま部屋に逃げ込み、気がついたらベットにくるまり眠ってた俺。

ふと隣に人の気配を感じた。

母だった。

母は…