号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

「沖縄に行かない?」

   

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。

当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。

「忙しいから駄目」
と言ったのだが母はなかなか諦めない。

「どうしても駄目?」
「今大事な時期だから。就職決まったらね」

「そう・・・」
母は残念そうに電話を切った。

急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。

それから半年後に母が死んだ。癌だった。

医者からは余命半年と言われてたらしい。

医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。

父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、パートをして大学まで行かせてくれた母。

沖縄に行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の最初で最後のワガママだった。

叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。

パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。

絵日記には
「今日は沖縄に遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽しい。

ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」

…というような事が書いてあった。すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。

自分は大きくなったらお金を貯めて父母を沖縄に連れていってあげる。

というようなことをこの旅行の後、言ったと思う。

母はそれをずっと覚えていたのだ。

そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。

自分は母が電話をしてきた時、どうして母の唯一のワガママを聞いてやれなかったのか。

もう恩返しする事が出来ない…。

涙がぶわっと溢れてきて止められなかった。

 - 母の泣ける話

  関連記事

no image
かぁちゃんを化粧してあげる

母にはじめて化粧したのは静かな病室でだった 死化粧だった
看護師さんが持ってきた病院の備品であろう一通りの化粧品
うちは色白家系なんだからこのファンデーションの色は合わないよ
と思いながらパフにとりま…

no image
大切な人あなたにはいますか?

たぶん私は誰よりも
わがままで短気だとおもう

だから周りの人に
迷惑をかけすぎた

だれもが通る道
“”反抗期”"

昔私も通った、

その頃は親が
本当に嫌いで
死ねばいいのに
って本気で思…

no image
ままへ

ままへ。

いつも怒らせてごめんね。

いつも困らせてごめんね。

病気になんかになってごめんね。

まま、たくさん面倒みてくれたのに

わたしはままの老後の面倒をみれるかわかりません。

ごめんね…

no image
母のお弁当

母にお弁当を作ってもらったのは高校3年間だった。
友人には、学食でお昼を食べる子も多くてうらやましいと思っていた。
「お弁当いらないからお金ちょうだい 学食で食べるから」
っていう日もあった。

ある…

no image
母からのビデオレター

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なん…

no image
完璧な母親

幼児のころから、母には虐待されて育った。
子供らしい些細なまちがいをしただけで、一晩中、執拗に殴られた。
髪を掴まれ逆さに水風呂に突っ込まれて、呼吸がとまったこともある。
立てた襟に首をひそめて、絞め…

no image
私は何一つ親孝行などしてない

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。

母がパートに出て何とか生活できているよう程度の生活だ。

学校の集金のたびに母親がため息をついていたのをよく憶えている。

別段、小学校、中学校は何とも思…

no image
職場のイジメ

地元から遠く離れた所で就職して、過酷な仕事と職場のイジメで鬱になった。

通院治療しながら、家族のお荷物と思われるのが嫌で、家には内緒にしてメールで
「元気にしてるよ」
って送ってた。

そしたらある…

no image
マザー・テレサの言葉

「あなたの中の最良のものを  by マザー・テレサ」

人は不合理、非論理、利己的です。

気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。

no image
鯛焼き屋

幼い頃、親父は家にお金を入れなかった。
手先の器用なお母は、バッグやアクセサリーなど小物を作って、
隣町の繁華街まで行って路上で売ってた。
いつか、俺もいっしょに行った時の事、
目の前で焼いていた鯛焼…