号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

職場のイジメ

   

地元から遠く離れた所で就職して、過酷な仕事と職場のイジメで鬱になった。

通院治療しながら、家族のお荷物と思われるのが嫌で、家には内緒にしてメールで
「元気にしてるよ」
って送ってた。

そしたらある日、イジメが酷くてもうどうにも死にたくてたまらなくなった。

病院に行ったら、先生が親に電話を掛けた。

何て言われるだろう。怒られるだろうか。そう思いながら、受話器を取った。

電話口で母ちゃん、
「ずっと気付かなくて、ごめんね」
って言った。

俺は、電話を手にしたまま声を上げて泣いた。

次の日には、母ちゃんが実家からやってきた。

「しばらく仕事休んで、母さんと温泉巡りしようよ。ずっと行きたかったんだ」

ふとすると死ぬことばかり考えてしまうくらい酷い状態だったが、母ちゃんがあちこち連れ回してくれて、嫌なことから全部遠ざけてくれた。

一度だけ、真顔で言われた。

「母さん、あんたが死んだら困るな…」

そんな悲しい顔、もう見たくないよ。

ずっと笑っててよ。

親孝行、したいよ。

ありがとう、って何度言っても言い足りないよ。

 - 母の泣ける話

  関連記事

no image
鯛焼き屋

幼い頃、親父は家にお金を入れなかった。
手先の器用なお母は、バッグやアクセサリーなど小物を作って、
隣町の繁華街まで行って路上で売ってた。
いつか、俺もいっしょに行った時の事、
目の前で焼いていた鯛焼…

no image
社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。
「いつもありがとう」ってプレゼントを渡したかった。

でも照れくさいし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえないと怖かった。
だから「選ぶのめんどい…

no image
亡き息子へ。

長いし文章力もまとまりも無いけど
書かせてください。

私には家族がいました。
いや、今も家族です。

愛する彼氏に愛する息子。

今年の七月には三人家族の予定でした
でも私達二人は息子に会う事が

no image
18年勤めた会社を辞めて気付いた事

高校を卒業してから18年勤めた会社を今月辞めた。
18年間で実家に帰ったのは数えられるほどだった。
いや、電話したのだって一年で1,2回だけで、用事があるときにしかかけてなかった。

今日、母が…

no image
正社員の面接

火曜日に正社員の面接行ったのね。もうこれで20数社目。
今まで全部駄目だった。
それで、その日は車でしか行けないところだったんで、
母親が仕事を休んで付き添ってくれた。
駐車場の社内に母を待たせて面接…

no image
母のお弁当

母にお弁当を作ってもらったのは高校3年間だった。
友人には、学食でお昼を食べる子も多くてうらやましいと思っていた。
「お弁当いらないからお金ちょうだい 学食で食べるから」
っていう日もあった。

ある…

no image
おととしの、秋の話しです。

おととしの、秋の話しです。
私が小学校5年の時に家をでて、居場所のわからなかった母に、
祖母の葬式の時、23年振りで、顔をあわせました。
その時、母の家に遊びに行く約束をしました。

その日は…

no image
私は何一つ親孝行などしてない

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。

母がパートに出て何とか生活できているよう程度の生活だ。

学校の集金のたびに母親がため息をついていたのをよく憶えている。

別段、小学校、中学校は何とも思…

no image
おまえらも数えてみ?

ところでさ、一人暮らししてる人は年に何日実家に帰ってる?

俺は仕事が忙しくて夏休み3日正月休み3日の、計年間6日位なんだけどさ。

俺のカーチャン今50歳で、考えたくないけど、女性の平均寿命から考え…

no image
母と私

職場の人達が、自分の子供の話をする時は、ナースではなく『母親』の顔になる。 その光景を見てると…母のことを思い出してしまう。
思い出すと同時に、もしあの時助けられていたならば、こんな未来が私達親娘の間…