号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

大事な息子

   

小さいころ家の貯金箱をくすねていたのがバレて、母親にボロボロになるまで怒られた。

そのまま部屋に逃げ込み、気がついたらベットにくるまり眠ってた俺。

ふと隣に人の気配を感じた。

母だった。

母は俺が寝ていると思ったのか、自分の頬と俺の小さな頬に合わせながら

「○○、さっきはごめんね。でもあんなこと二度としないでね。

~中略~

あなたはお母さんの大事な息子なんだから。」
とつぶやいた。

目をつむっていた俺にも母が泣いていることは感じられた。

そして母が去った後、俺は母を二度と泣かせないと子供心に誓った。

でもそれから今日まで、そのときの誓いが必ずしも守られたわけではない。

高校時代はグレ、大学時代は無気力、社会人になっても心配かけっぱなしだった。

5年前は結婚寸前までいった女との別れから拒食気味になり、メシが食えなくなった。

母はそんな俺の分も毎日晩飯を作り、ようやく食べれるようになった時には、小さいころから好きだった特製の餃子を食べきれないほど作ってくれた。

そして俺が黙々と餃子を食べている姿を母は本当に嬉しそうに見つめていた。

ようやくここ2年ほど世間並みに親孝行が出来るようになった。

母の日や誕生日、そして今年還暦を迎えたオヤジへのちゃんちゃんこ(自分のことのように喜んだ)。

なかでも母の個展へ花を贈った際は本当に喜んでくれ、その時の送り状は、今でも大切に保管しているぞとオヤジから聞いた。

1年前に転勤で親元を離れることになった俺が、現地で知り合った今の彼女を声を電話ごしで

聞かせた時には、
「○○を宜しく御願いします」
と泣きながら彼女に御願いしたと聞いた。

あの時は照れくさいやら恥ずかしいやらで大変だったよ。

でも元から体が弱く、かつ俺みたいなバカ息子を育てるのが負担になったんだろう。

母は先月循環器系の症状が再発し手術のため入院した。

これまでも何回か同様の手術を受けたことがあるんだけど、オヤジによると
「今回の手術が成功しても、今後どうなることかは見通しがつかない」
とのこと。

俺は生まれて初めて母に手紙を書き、それをオヤジに手渡した。

日頃感情を表に出さないオヤジが
「手術前に母さんに読んで聞かせたら泣いて喜んでたぞ。ありがとう。」
と手術後電話があった。

幸いなことに手術は成功だったらしい。

でも中長期的には予断は許さないことには変わりない。

ところで母さん、オヤジ、あの時は伝えていなかったけど、俺ちょっとやっかいな病気にかかっているんだ。

ここ数ヶ月自分の体調の悪化が日に日に感じられ、この間勇気を振り絞って検査に行ったところ

残念な答が返ってきた。

親不孝になりたくないから母さんより先に逝くつもりはないよ。だから俺のためにも長生きして下さい。

ただオヤジの死に目に見れるか正直自信ありません。でもできるだけ長生きして下さい。

彼女にはさっき伝えました。

「なんで黙ってたの?」
と泣きながら怒鳴られました。

俺もこれから自分の体を治すためあきらめずに努力していきます。

これから寒くなるでしょうから、くれぐれもご自愛を。

正月には母さんとオヤジの元気な顔を見れることを楽しみにしています。

 - 母の泣ける話

  関連記事

no image
社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日

社会人になって初めて迎えた母さんの誕生日。
「いつもありがとう」ってプレゼントを渡したかった。

でも照れくさいし、もし選んだプレゼントが気に入ってもらえないと怖かった。
だから「選ぶのめんどい…

no image
正社員の面接

火曜日に正社員の面接行ったのね。もうこれで20数社目。
今まで全部駄目だった。
それで、その日は車でしか行けないところだったんで、
母親が仕事を休んで付き添ってくれた。
駐車場の社内に母を待たせて面接…

no image
完璧な母親

幼児のころから、母には虐待されて育った。
子供らしい些細なまちがいをしただけで、一晩中、執拗に殴られた。
髪を掴まれ逆さに水風呂に突っ込まれて、呼吸がとまったこともある。
立てた襟に首をひそめて、絞め…

no image
18年勤めた会社を辞めて気付いた事

高校を卒業してから18年勤めた会社を今月辞めた。
18年間で実家に帰ったのは数えられるほどだった。
いや、電話したのだって一年で1,2回だけで、用事があるときにしかかけてなかった。

今日、母が…

no image
私は何一つ親孝行などしてない

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。

母がパートに出て何とか生活できているよう程度の生活だ。

学校の集金のたびに母親がため息をついていたのをよく憶えている。

別段、小学校、中学校は何とも思…

no image
母のお弁当

母にお弁当を作ってもらったのは高校3年間だった。
友人には、学食でお昼を食べる子も多くてうらやましいと思っていた。
「お弁当いらないからお金ちょうだい 学食で食べるから」
っていう日もあった。

ある…

no image
街の花火

母は、僕を女手一人で育てた。

僕の幼かったころに、亡くなった父は、マンションの10階を母に残した。

そのマンションからは、夏に花火をみることができる。

父と母が過ごした街の花火。

毎年花火…

no image
母からのビデオレター

俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なん…

no image
職場のイジメ

地元から遠く離れた所で就職して、過酷な仕事と職場のイジメで鬱になった。

通院治療しながら、家族のお荷物と思われるのが嫌で、家には内緒にしてメールで
「元気にしてるよ」
って送ってた。

そしたらある…

no image
亡き息子へ。

長いし文章力もまとまりも無いけど
書かせてください。

私には家族がいました。
いや、今も家族です。

愛する彼氏に愛する息子。

今年の七月には三人家族の予定でした
でも私達二人は息子に会う事が