号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

おばあちゃんへ

   

おばあちゃん、最後に会いたかったなぁ。

私のおばあちゃんは誰もが信じられないくらい、あっという間に亡くなってしまいました。

私はちょうど、娘の扁桃摘出の手術の為に病院で寝泊まりをしていました。

入院する日に電話で喋った時は元気な声だったし、何の心配もしていなかったんだけど。

娘の退院が決まり、母に電話したら

「○○(ウチの娘)が入院してたし、心配かけたくなかったんだけど…
おばあちゃん倒れたの」

いつもシャキシャキしてる、おばあちゃんだったから母も私もまだ死なないって思ってた。

それから数日後、母からの突然の電話でおばあちゃんの死を知らされました。

私の悪い所も助けてくれたおばあちゃん。
結婚を喜んでくれたおばあちゃん。
ひ孫を可愛がってくれたおばあちゃん。

だけど、私はおばあちゃんに何もしてあげられなかった。

心配かけてばかりの孫だったね。

せめて最後に会いたかったなぁ。

いつまでも見守ってね!

 - 家族の泣ける話

  関連記事

no image
最高の一杯

おじいちゃんとの思い出。
おじいちゃんは7年前に遠くに行ってしまったけど、俺の中で忘れられない思い出があります。元々、母が長女でおじいちゃんとおばあちゃんとは、ずっと一緒に暮らしていました。

よく夜…

no image
ばあちゃんのノート

うちのばあちゃんは俺が小学校高学年のときに蜘蛛膜下出血で救急車で運ばれた

深夜に発病したが元看護士だった母の早い対応のお陰か一命を取り留めた。が、やはり後遺症が残ってしまった。

右半身に麻痺が残り…

no image
手をつないで

うちのハハオヤが言ってた話。

私は、年子の女2人姉妹の妹なんだけど、姉は生まれたときからすごく
手のかからないおとなしい子だったらしい。姉が一歳三ヶ月で私が生ま
れてからも、それは変らず、母はそれに…

no image
じいちゃん

2人の大好きなじいちゃん

母方のじいちゃんは
大工でカメラが大好きだった
僕は初孫だったのでたくさん
写真も撮られたし可愛がって
もらった
いつも『アンポンアンポン』って
言われてた
中学の時から部…

no image
カマボコ

私が小学1年生の時に事故で両親が死に、それ以来おじいちゃんと2人で暮らしていた。
おじいちゃんは料理などできなかったけれど、私のために毎日質素ながらご飯を作ってくれた。
ご飯と納豆、とかご飯と缶詰め、…

no image
ばあちゃんちにあるものなんでもお食べ

先月、祖母が亡くなりました。89歳でした。
孫の中では私が一番年下なせいか(父が末っ子)、いつも私は「小さい子」扱いで可愛がってもらってました。
「○ちゃん、お腹空いてない?おやつあるよ、羊羹もき…

no image
心に残る思い出、何もなし

小中学校の卒業文集にさえ
「心に残る思い出、何もなし」と書いた私。
人並みの生活を送ることさえ出来ず、夢と希望は常に打ち砕かれ、
ただ目の前の出来事を受け入れることに専念した。
世の中に失望していたわ…

no image
ばあちゃん大好き。

ばあちゃんごめんね

何もしてあげられなかった…

私は小さい頃から色々して貰ってたのにね…

最後にもう1度話したかった。

もう1度笑い合いたかった。

もう戻らない事くらいわかってるのに

1番…

no image
置き手紙

朝、出かけにお兄ちゃんに、置き手紙ををした。
「お兄ちゃん、お鍋にお豆がひたしてあります。
それを煮て、今晩のおかずにしなさい。お豆がやわらかくなったら、
おしょう油を少し入れなさい。」

その日も一…

no image
ばあちゃんは嬉しいです。

彼との結婚を私(25歳)の父と母は猛反対していました。

彼は昔両親を亡くして、祖父母に育てられていました。

そして4年前祖父が亡くなり、彼は32歳になる今まで84歳の祖母と二人暮しでした。