号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

カマボコ

   

私が小学1年生の時に事故で両親が死に、それ以来おじいちゃんと2人で暮らしていた。
おじいちゃんは料理などできなかったけれど、私のために毎日質素ながらご飯を作ってくれた。
ご飯と納豆、とかご飯と缶詰め、とか。
そして食卓にはいつもカマボコが2~3切れ置いてあった。
カマボコは必ず毎日食卓にあった。私はカマボコがおじいちゃんの好物だと思っていた。
中学生になり、私が食事の用意をするようになっても、必ずカマボコを2~3切れ食卓に出し続けた。
4年前、おじいちゃんが亡くなった時、霊前にカマボコを供えた。
おじいちゃんの好物だと思っていたから。
叔母さん(父の姉、おじいちゃんの長女)に「おじいちゃんカマボコ大好きだったから…」
と言うと「違うんだよ」と言われた。
「違うんだよ。あの人は子供が喜ぶ料理なんてつくれないから困ってたんだよ。」
「カマボコはピンク色だから、女の子が喜ぶと思っていつもカマボコを用意してたんだよ。」

その他にも、両親が死んで叔母さんが私をひきとると申し出た時
おじいちゃんが「俺が育てる」と言って私を離さなかった事などを聞いた。

おじいちゃんはいつもしかめっ面で寡黙でちょっとこわい人だった。
でも両親がいなくなった私に寂しい思いをさせないように一生懸命だった。
参観日に死んだお父さんの服を着て来てくれたこともあった。(サイズ合ってない)
ハンバーグが食べたいと言ったときに挽き肉を丸めて焼いただけのものが出てきたこともあった。
口にも態度にも出さなかったけど、おじいちゃんはすごく一生懸命に私を育ててくれた。

ピンク色のカマボコを見るとおじいちゃんを思って切なくなる。
もちろん今でもお仏壇にお供えする品には、必ずカマボコをそえています。

 - 家族の泣ける話

  関連記事

no image
大好きなばーちゃん

ばーちゃんありがとぅ!お母さんがいない私達を育ててくれて本当ありがとう!

寂しくなった時に夢に出てきてくれてありがとう!

ばーちゃんの笑顔を忘れず優しさを忘れずこれからばーちゃんみたいな女性になる…

no image
おばあちゃんへ

おばあちゃん、最後に会いたかったなぁ。

私のおばあちゃんは誰もが信じられないくらい、あっという間に亡くなってしまいました。

私はちょうど、娘の扁桃摘出の手術の為に病院で寝泊まりをしていました。

no image
思いがけないクリスマスプレゼント

俺は今、46歳。

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使う
スーパーカブを無免で持ち出して、親父に顔の形が変わるほど
ぶん殴られて以来のバイク好きだった。
カブから始まり、モンキー FX…

no image
お疲れ様でした

弟の話。俺が中3、弟が小5の時。

俺は小学校からずっとサッカーやってて、大変だったけど勉強も両立させて中学受験で私立に入った。

弟は昔から小柄で運動神経のいいやんちゃ坊主だったんだけど、どこか常に…

no image
姉の結婚式

今日、姉の結婚式だったわけですよ。

兄弟が結婚するなんて今日が来るまで実感しなかったわけで…

今思い返すと私、お姉ちゃん大好きだったなぁ…

ちっちゃい頃からいつもお姉ちゃんと一緒にいた気がする。…

no image
俺には二つ下の病弱な妹がいる

俺には二つ下の病弱な妹がいる。
妹は腎臓の病気を患っているため幼い頃から入退院を繰り返していた。
俺は病弱故に両親の関心を独り占めする妹を嫌って辛く当たっていたが、
ある時(小学校高学年)、妹を…

no image
俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。
見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて
それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と・・・と撮った写真…

no image
置き手紙

朝、出かけにお兄ちゃんに、置き手紙ををした。
「お兄ちゃん、お鍋にお豆がひたしてあります。
それを煮て、今晩のおかずにしなさい。お豆がやわらかくなったら、
おしょう油を少し入れなさい。」

その日も一…

no image
おじいちゃん

おじいちゃん。もうお別れして
から7年たったね。

わたしはおじいちゃんが
苦手だった。

おじいちゃんからの愛を
受け止めてなかったから。

たくさん与えててくれたのに。

わたしが賞をとった…

no image
腹の虫

当時、学校の土曜日授業は午前中までだったので
お昼ゴハンは家で食べるのが常でした。
いつもの土曜日、元気よく俺が帰ると
土曜日は居るはずの母さんが居ませんでした。
どうやら出掛けたのでしょうか、俺はマ…