号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

姉の結婚式

   

今日、姉の結婚式だったわけですよ。

兄弟が結婚するなんて今日が来るまで実感しなかったわけで…

今思い返すと私、お姉ちゃん大好きだったなぁ…

ちっちゃい頃からいつもお姉ちゃんと一緒にいた気がする。

そして恋の話、友達関係の相談、進路、秘密…いつも決まっておねえちゃんに話してた気がする。

今日の朝、姉は
『油性ペンない?』
と一言。

『そこらへんの持ってってぇ~』と私。

支度の遅い私は
『早くしろっ!』
と家族に怒られる…

早く服を着ようとしたその時、服にはさまっている封筒に気付いた。

姉からだ。
『これから話聞いてあげられなくなるけど、たまに帰ってくるから、また話そうね。』

こっちは急いでんだよ!化粧もバッチリなんだよ!

なのに泣かせる気かよ…しかも朝探しにきた油性ペンで書いてあんじゃん…自分だって忙しいくせに!

へったくそな字で書いてある。本当バカな姉を持つと大変だ!とか思いながら私はそんな姉が大好きだ。

お姉ちゃん。結婚して子供産んでも私はお姉ちゃんの妹だよ!幸せになってね!

 - 家族の泣ける話

  関連記事

no image
カマボコ

私が小学1年生の時に事故で両親が死に、それ以来おじいちゃんと2人で暮らしていた。
おじいちゃんは料理などできなかったけれど、私のために毎日質素ながらご飯を作ってくれた。
ご飯と納豆、とかご飯と缶詰め、…

no image
ママを産んだのは

私が4歳の時、父と母は離婚した。

祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。

母は家を出て行く日に私を実家に連れて行った。

家に戻ると母はドアの所で

「おばあちゃんちに又行かなきゃいけない…

no image
娘が作ったお弁当

午前3時、実家から電話。急いで来て欲しいと母。

行ってみると癌を患っていた父が冷たくなっていた。

おろおろする母を一人にはできず、急いであちこちに連絡。

「そういえば今日は息子の遠足の日だ…

no image
おじいちゃん

おじいちゃん。もうお別れして
から7年たったね。

わたしはおじいちゃんが
苦手だった。

おじいちゃんからの愛を
受け止めてなかったから。

たくさん与えててくれたのに。

わたしが賞をとった…

no image
心に残る思い出、何もなし

小中学校の卒業文集にさえ
「心に残る思い出、何もなし」と書いた私。
人並みの生活を送ることさえ出来ず、夢と希望は常に打ち砕かれ、
ただ目の前の出来事を受け入れることに専念した。
世の中に失望していたわ…

no image
最高の一杯

おじいちゃんとの思い出。
おじいちゃんは7年前に遠くに行ってしまったけど、俺の中で忘れられない思い出があります。元々、母が長女でおじいちゃんとおばあちゃんとは、ずっと一緒に暮らしていました。

よく夜…

no image
じいちゃんの夢

じいちゃんが死んだ。

じいちゃんは死ぬまでバイクに乗り続けた。若い頃は無免で乗りまくってたらしい。

昔からバイクの話をよく聞かされた。無免時代は125ccのバイクで70キロくらいで牛にぶつかっ…

no image
ばあちゃんちにあるものなんでもお食べ

先月、祖母が亡くなりました。89歳でした。
孫の中では私が一番年下なせいか(父が末っ子)、いつも私は「小さい子」扱いで可愛がってもらってました。
「○ちゃん、お腹空いてない?おやつあるよ、羊羹もき…

no image
ありがとう、ありがとう

もう、すごく昔の話。
小学2年のとき父が交通事故で逝ってしまったので、
弁当がそれからしばらく白飯に梅干とか漬物とか
そんなんばっかりだったときがあった。
でも子供ながら事情はなんとなくわかっていたの…

no image
君がいるから

御歳84になるおじいちゃんが言いました。

「僕はね、昔、まあ今もだけど。運動も勉学もロクにできなかった」

「友達もいないし。顔も悪い。いつもひとりぼっち」

「だから、死のうと思ったことがある」