号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

大切な妹

   

大学生の妹の様子がおかしな時期があった。

精神的な病気の一種らしく、家族中で一時期どう扱っていいか分からず混乱していた。

ある時、いきなり家をパジャマ姿で外に出て行き、妹はごみの収集場所まで来て

妹「どうしてごみ袋があるの?」

少しぼ~っとしながら両親に任せられついて来た俺に聞いてきた

俺「明日、ごみの日だからだよ」

力ずくで連れて行くと大暴れするのはもう分かっていたから、 なるべく妹の会話に合わせながらどうやって家まで誘導しようかと考えてると、

妹「あたしもいらないからあそこにいけばいいんだね」

俺「…へ?」

俺には一瞬何を言ったのか分からなかった。

そんな俺を置いてとぼとぼ収集所に行こうとする妹。

俺「ちょっと待って!」

俺はとっさに妹を後ろから抱きしめるように止めた。

急な行動だったからか、妹は地面にすとんと座り込んだ。

妹「どうしたの?今日出しとかないと間に合わないよ」

不思議そうに振り返って俺を見る妹は、何故か優しそうに笑ってた。

俺「……なんで」

妹「あたし早起き苦手だもん」

どうしていいかわからない。

俺は仕事で全然構ってやれなかった妹がこんな状態にまでなっているとは思ってもいなかった。

俺「行っちゃダメだ。俺は…みんな、○○が大好きなんだから…」

どう説得しようか考えても上手く言葉を紡げない俺は、ただ涙が溢れさせ、そう言うのが精一杯だった。

妹「あたしもみんな大好き。……おにいちゃん泣いてる?」

優しい笑顔で泣いている俺の頭を妹は撫でてきた。

妹「ちょっとさむいね」

俺「…うん。だから早く家に帰ろ」

俺は妹ともう十何年かぶりに手を繋いで家に戻った。

それから二年。

カウンセリングが整った病院に通ってはいるものの、今ではすっかり傍若無人な妹に戻っている。

 - 家族の泣ける話

  関連記事

no image
12歳違いの父と6歳違いの姉

高校の時、母親が病気で亡くなった。
父は弱い人だったのだと思う。
苦しむ母親から目をそらして、他に恋人を作って、母親が亡くなると家を出ていった。
「高校卒業までは面倒をみる。その後は自力で暮らし…

no image
手をつないで

うちのハハオヤが言ってた話。

私は、年子の女2人姉妹の妹なんだけど、姉は生まれたときからすごく
手のかからないおとなしい子だったらしい。姉が一歳三ヶ月で私が生ま
れてからも、それは変らず、母はそれに…

no image
姉の結婚式

今日、姉の結婚式だったわけですよ。

兄弟が結婚するなんて今日が来るまで実感しなかったわけで…

今思い返すと私、お姉ちゃん大好きだったなぁ…

ちっちゃい頃からいつもお姉ちゃんと一緒にいた気がする。…

no image
置き手紙

朝、出かけにお兄ちゃんに、置き手紙ををした。
「お兄ちゃん、お鍋にお豆がひたしてあります。
それを煮て、今晩のおかずにしなさい。お豆がやわらかくなったら、
おしょう油を少し入れなさい。」

その日も一…

no image
思いがけないクリスマスプレゼント

俺は今、46歳。

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使う
スーパーカブを無免で持ち出して、親父に顔の形が変わるほど
ぶん殴られて以来のバイク好きだった。
カブから始まり、モンキー FX…

no image
最高の一杯

おじいちゃんとの思い出。
おじいちゃんは7年前に遠くに行ってしまったけど、俺の中で忘れられない思い出があります。元々、母が長女でおじいちゃんとおばあちゃんとは、ずっと一緒に暮らしていました。

よく夜…

no image
兄が交通事故で亡くなりました

スレ違いな話になってしまいますが、報告させて下さい。
前スレで、父が家を出た後、優秀だった兄が中学卒業後、
鳶職として家計を支えてくれた話を書いた者です。
その兄が、先週、火曜日に交通事故で亡く…

no image
お疲れ様でした

弟の話。俺が中3、弟が小5の時。

俺は小学校からずっとサッカーやってて、大変だったけど勉強も両立させて中学受験で私立に入った。

弟は昔から小柄で運動神経のいいやんちゃ坊主だったんだけど、どこか常に…

no image
娘が作ったお弁当

午前3時、実家から電話。急いで来て欲しいと母。

行ってみると癌を患っていた父が冷たくなっていた。

おろおろする母を一人にはできず、急いであちこちに連絡。

「そういえば今日は息子の遠足の日だ…

no image
心に残る思い出、何もなし

小中学校の卒業文集にさえ
「心に残る思い出、何もなし」と書いた私。
人並みの生活を送ることさえ出来ず、夢と希望は常に打ち砕かれ、
ただ目の前の出来事を受け入れることに専念した。
世の中に失望していたわ…