号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

「バナナはおやつに入りますか?」

   

小学校の頃、家はどうしようも無く貧乏だった。

父親を交通事故で無くし母一人子一人の母子家庭だった。

小学校の時、俺は遠足におやつを持っていく事が出来なかった。

前日のホームルームで「バナナはおやつに入りますか?」
と戯けるクラスメートを横目に絶対いかないと心に決めていた。

放課後帰ろうとする俺を理科室に来るよう担任の先生に言われた。

理科室へ行くと先生は目に涙を浮かべながら300円を握らせてくれた。

そして続けてこういわれた。

「いいか、お前は他の子よりも先に人生の不条理や苦痛を感じられ幸せだと思え。

 親の代では負けたかもしれない、でも其れはお前の責任じゃない。

 この悔しさをバネに伸し上がってお前の代では勝て。

 もしお前の子供が悲しい思いをする事があったら其れはお前の責任だ。

 金をやるのは一回だけだ。大切に使え。」

俺はその時買ったビックリマンのチョコの味を忘れない。

そしてそのシールは、今でも大切に保管している。

 - 学校での泣ける話

  関連記事

no image
ありがとう

先生、みんなありがとう。

私は、あんまり学校にいかなかった。
ほとんどの人は、気付いてた気がするけど…

みんな心配してくれた。

その日、学校に行くと、英語の授業中だったの。
それで、教室に行く…

no image
涙のマイクロバス

わたしはとある高校でバレー部に入っていました

小2から始めたバレーは私の生活の一部というか私の人生になっていました

高校3年になり元々強豪校だったこともあり
私の試合での出番はなくなっていきました…

no image
先生へ。

僕が中学の時の話。
僕のクラスの担任は、すーんごく堅くていつも怒ってばっかで、この先生には愛想というものがなかった。

そして中学も最後。
卒業式。
みんなと別れるとおもうと、まじ泣けた。
すっげーさ…

no image
空手の先生

今から7年位前。高校生の時。
私は、小学校の時からなんとなくダラダラと続けた空手が1級になっていた。
当時、私の空手は「初段とったら履歴書に書けるな~。」程度のもので情熱はなく、
辞める区切りを探して…

no image
イジメっ子達に決闘を申し込んだ

俺は1対1なら負けない自信があったからイジメてきたやつらに
順番に決闘申し込みにいったけどな。
一人目は塾帰り待ちぶせて3発ぐらい殴ったら泣いて謝ってきた。
翌日学校で他の4人が俺を囲んできたからその…