号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

「浮気しなきゃいいよ」

   

俺から告白して彼女が言った言葉

「浮気しなきゃ良いよ」

そりゃこっちから告白したけどさ、せめて「いいよ」とか「うん」とかの返事ぐらい普通はするでしょ。
それが「浮気しなきゃ良いよ」ってどうよ?
まぁ好きだからそこまで悩まなかったけどさ。
付き合いだしてからはこっちから電話やメールしないと駄目なんだよ。
向こうから電話やメールは絶対にしてこなかった。
まぁ好きだからあまり気にしなかったけどさ。
しかもデート行っても殆ど笑わないんだよな。なんつうか俺と一線引いて付き合ってる感じが凄いするんだよな。
だからこっちは「あぁ嫌々付き合ってるんだなぁ」なんて少しこの時は悩んだ時があった。
まぁこれも少しすると一緒に入れるだけで嬉しかったから、気にしなくなった。
つうかここまで書いてみたけど普通の男ならとっくに別れてるだろうな。
まぁそれからも一方的に俺が誘って彼女が「うん」と返事をするって関係が続いてた。

でもそんな彼女も俺の誕生日やクリスマスなんかはプレゼントをちゃんとくれるんだよな。
それとバレンタインの時はチョコも。
だから俺も「彼女もまぁまぁ俺といて楽しいのかな」なんて思ってた。
つっても態度はそんなに変わってないし、電話やメールも俺から送らないと駄目だけどね。

彼女って一人暮らしなんだけど、なかなか部屋には呼んでくれなかた。
やっと彼女の部屋に行けたのは付き合いだして半年を過ぎた頃かな。
しかも部屋に行っても彼女の態度は変わらないし、自分の過去の事を殆ど話さないんだよな。
だからこの時も一方的に俺がベラベラ話しをしてた。
部屋の中にさ何故か汚い箱があるんだよね。
で彼女に「その箱何?」って聞いたんだけど彼女は「別に」って言うだけ。まぁあまり突っ込んで聞くのも無粋だし他の話を頑張って話してその日は終了。

まぁそれから少し月日は流れて、付き合いだしてちょうど1年が過ぎた頃かな。

彼女の部屋の近くのファミレスで彼女と食事してたんだよ。
で食事が終わって話してたんだけど(つっても俺が一方的にねw)そしたらそこにで偶然に彼女の友達(女)と会った。
なんつうか彼女の「素」みたいなのを垣間見たね。
俺の時とは違って楽しそうに笑ってるんだよね。
この時は流石の俺もちょっとショックを受けたよ。

(あぁやっぱ俺と一緒にいても楽しくないんだなぁ)
って。
そしたら彼女が「ちょっとトイレに」って立って行ってしまった。
ショックを受けてた俺は「あぁ」ぐらいしか言えなかったな。
そしたら彼女の友達がさトイレの方をチラって見てこう言ってきた。

「あの子、アナタに素っ気ない態度取ってるでしょ」
って最初それを聞いた時は「何で知ってるの?」って思ったよ。
そのうちに「あぁ彼女は友達と一緒に俺の事を馬鹿にしてたのかなぁ」なんて思った。

そしたら実際は全く違った。
その友達の話ではこう、彼女は俺と付き合う3年ほど前に付き合ってた男がいたらしいんだけど、その男が浮気してそれに気付いた彼女は男を問い詰めたらしい。
そしたらその男は最初は謝ってたみたいなんだけど、そのうち逆ギレをしだして彼女に暴力を振るったらしい。
しかもその殴り方が半端じゃなくてボコボコに殴ったらしい。
なんとか彼女は逃げてこの友達の所まで行ったらしいんだけどその時の顔はかなり酷く腫れてたらしい。そこで病院に行って診察してもらい理由もハッキリと「彼氏の暴力」と言ったお陰で警察もしっかり動いてくれたみたい。
でも彼女はその出来事のせいで男性不信になったらしい。
それからはなるべく男には近づかないようにしたり、告白されても断ってたらしいんだけど

そこに俺が現れちゃったんだよな。

俺がしつこく彼女に迫ったんで彼女は最初「冷たくしてたらそのうち離れていくだろう」と思ってたみたい。
あぁだからあんな態度だったんだなぁと納得したよ。
で友達が言うには、そんな彼女も付き合いだして半年ほどたった時に
「あの人なら大丈夫かも」と思い始めてくれたんだって。
もうねそれ聞いてスゲ~嬉しかった。
最後に友達は「○○(彼女の名前)の事を大事にしてあげてね」って言ってくれた。友達との話は彼女がトイレから戻って来たんで終了した。
なんか友達の話を聞いて今までの彼女の態度とか全て納得したし、これからも大事にしていきたいなぁって改めて思った。
まぁこんなに長く書いて何が言いたかったのかと言うと、彼女にプロポーズしたんだよ。
そしたら彼女の返事がこうだよ。
「浮気しなきゃ良いよ」
「またかよっ」って思ったwけど前の時と違うのは笑顔で言ってくれたって事かな。
だから彼女の事は本当にずっと幸せにしてやりたい。

それと彼女の部屋にあった汚い箱の中身は、俺と一緒に行った遊園地やコンサートのチケットの半券や旅行の時に乗った飛行機の半券プレゼントした物を包んでた包装紙とかが一杯入ってた。”

 - 彼女・彼氏の泣ける話

  関連記事

no image
彼女のお守り

初めて彼女にあったのは、内定式のとき。同期だった。
聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文かなんかが賞を取ったこともあるらしく、
期待の新人ということだった。
ただ、ちょっときつめ&変わった人…

no image
前の嫁と死別して13年が経った

ちょっと語っていいかな。
オレさ、このあと式挙げるんだ。

前の嫁と死別して13年。
5日間の出張から帰ったら、部屋で死んでたよ。
妊娠してたんだけど、検診行ったら「育ってない」って言われたらしく、そ…

no image
「年上の彼女」 

少し長編になるかもしれませんが
最近気持ちの整理もできたので書いてみます。

今から随分前の話です。
僕がまだ10代で、あまり携帯電話は普及してなくて、
ポケベル全盛期の時代のことです。

僕はそ…

no image
食事券

まだあんまりいい給料もらってない頃。
それでもちゃんと野菜を沢山食え、と彼女に言われてよく行ったのが
サラダバーのある近所のデニーズ。同じく食べ放題のクロワッサンと
一緒に頼んで、死ぬほど野菜食った。…

no image
妻との約束

80歳くらいの年配の紳士が指の抜糸をしてもらいにやってきた。
彼は9時に約束があって急いでいたので私はすぐに診察することにした。
傷を診てみると、もうほとんど治癒状態で私は抜糸をすることにした。

no image
送られた最後の手紙

ある日、ポストに手紙が届いた。
差出人は、3カ月前に他界した俺の彼女からだった。
俺は手紙を開いた。

Dear 私の大好きな人

ゴメンね
いきなり手紙何かを書いちゃって(笑)))

でも、今こ…

no image
恋人が死ぬとしたら

いとこ(27歳男)が、大腸がんで死んだ。

いとこの彼女は、従兄弟ががんと分かってから、仕事もあったのに毎日病室に訪れ付き添った。

結婚の約束もしていたんじゃないかな。

食べ物を、
「お口…

no image
年下の彼

年下の彼。

2県離れた(車で1時間半程の)ちょっとだけ遠距離の4つ下の年下の彼がいた。
私が25、彼が21の時。
付き合って2年目、彼が大学3回生で就職活動が始まった。
「忙しいからなかなか逢えなく…

no image
精神的につらくて大切な人に八つ当たりをしてしまいました。

精神的につらくて大切な人に八つ当たりをしてしまいました。

散々ひどいことをいったのに
「何事も諦めるな 諦めたら終わりだよ」
とメールをもらいました。

もう嫌われたと思ったと返信したら

no image
実話 余命三ヶ月の花嫁

私が、この世から消えてしまう前に
私の事を少し話します。

私は白血病です。

白血病になったのは二十歳ごろです。

その時は彼氏もいました。

でも、私は白血病になったのを彼にまだ言えませんでした。…