号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

恋人が死ぬとしたら

   

いとこ(27歳男)が、大腸がんで死んだ。

いとこの彼女は、従兄弟ががんと分かってから、仕事もあったのに毎日病室に訪れ付き添った。

結婚の約束もしていたんじゃないかな。

食べ物を、
「お口アーン」
とか、やり合ってじゃれてたり、 がんが侵食して痛む従兄弟の腰や背中を、彼女がさすってあげたり。

そのころ、10代のガキだったせいもあるけど、従兄弟が死ぬなんて、まったく想像つかなかった。

「きっとこの2人はあと数年もしたら結婚して、幸せな家庭築くんだろーな」
なんて、見舞いにいくたび、幸せな想像しかできなかった。

普通にうらやましかった。

しかし、従兄弟の病状はどんどん進んでいった。

みるみるやせて、目ばかりぎょろぎょろになって、身内のわたしでも正視できなかった。

はやく終わってほしかった。

人の命のもろさが怖かった。

でも彼女はずっとそばにいた。

従兄弟のやせ細った手を握って、抗がん剤の影響で、ぼろぼろに禿げたあたまにかぶる毛糸の帽子を作ったり。

わたしは、怖くて怖くて病室にも入るのもいやで、病室に入っても、 彼女の後姿ばかり見ていた気がする。

従兄弟は、癌がよくなったらどこかへいこうとか、あれ食べに行こうとか、今度の携帯の最新機種を買いたいとか、来ない日のことばかりしゃべった。

彼女は笑顔で、
「絶対いこーね」
「わたしあれ食べたい」
とか、いってた。

気休めだろって思ったけど、彼女の目は本気だった。

今、思い返せば、彼女はほかにどうすることもできなかったんだと思った。

彼女も怖かったのに、好きな人を失うことが、きっと自分が死ぬ以上に恐ろしかったと思う。

年末に、癌が全身にまわり、肺に転移。

従兄弟は最初の意識不明に陥った。

医師は、

「癌を抑える薬がある。
 しかし、一時的に抑える効果しかない。
 苦しみがのびるだけ。
 私の子供が患者だったらこのまま死なせる」

ときっぱり。

両親は、
「せめて27歳の誕生日を迎えさせたい」
と延命を望んだ。

横で、彼女はだまって、ふるえていた。

薬は効いて従兄弟は劇的に回復した。

彼女と温泉にいったり、近場に旅行いったり、新薬は2人に時間をくれた。

「癌が治った」
とはしゃいでいたけど、一時的だというのは、本人が何よりも知っていたと思う。

最後のときをすごす2人に、両親も親戚もなにもいわず見守った。

春、従兄弟が3度目の意識不明に陥った。

あまりの痛みに子供のように泣き叫ぶ従兄弟を、彼女と従兄弟の母親が押さえつけ、抱きしめた。

「ここにいるよ。ひとりじゃないよ」

彼女は、死の激痛にあえぐ従兄弟の顔にキスして、手足をさすった。

医師が死亡宣告し、遺体が自宅に搬送されるまで、彼女は従兄弟を抱いた。

何かにとりつかれたように嗚咽する彼女をみて
「人を愛する」
ってこういうことかと思った。

彼女は、親戚の手前、通夜、葬式にも出られなかった。

毎年、従兄弟の墓参りには来ていた。

従兄弟が死んで数ヶ月あと、勤めていた会社をやめたことを聞いた。

数年たって、墓参りにもこなくなった。

最近、彼女が結婚し、1児の母になったことを聞いた。

寂しく思った反面、ほっとした。

幸せになってほしいと思う。

 - 彼女・彼氏の泣ける話

  関連記事

no image
精神的につらくて大切な人に八つ当たりをしてしまいました。

精神的につらくて大切な人に八つ当たりをしてしまいました。

散々ひどいことをいったのに
「何事も諦めるな 諦めたら終わりだよ」
とメールをもらいました。

もう嫌われたと思ったと返信したら

no image
年下の彼

年下の彼。

2県離れた(車で1時間半程の)ちょっとだけ遠距離の4つ下の年下の彼がいた。
私が25、彼が21の時。
付き合って2年目、彼が大学3回生で就職活動が始まった。
「忙しいからなかなか逢えなく…

no image
「浮気しなきゃいいよ」

俺から告白して彼女が言った言葉

「浮気しなきゃ良いよ」

そりゃこっちから告白したけどさ、せめて「いいよ」とか「うん」とかの返事ぐらい普通はするでしょ。
それが「浮気しなきゃ良いよ」ってどうよ?
ま…

no image
妻との約束

80歳くらいの年配の紳士が指の抜糸をしてもらいにやってきた。
彼は9時に約束があって急いでいたので私はすぐに診察することにした。
傷を診てみると、もうほとんど治癒状態で私は抜糸をすることにした。

no image
食事券

まだあんまりいい給料もらってない頃。
それでもちゃんと野菜を沢山食え、と彼女に言われてよく行ったのが
サラダバーのある近所のデニーズ。同じく食べ放題のクロワッサンと
一緒に頼んで、死ぬほど野菜食った。…

no image
大事なことをメールで

彼女に大事な話があるから呼び出した。

彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。

別れるって言われるのかと思ってビビりながらいつものツタヤの駐車場に集合

お互い大事な事をメールに書いて同時に…

no image
「年上の彼女」 

少し長編になるかもしれませんが
最近気持ちの整理もできたので書いてみます。

今から随分前の話です。
僕がまだ10代で、あまり携帯電話は普及してなくて、
ポケベル全盛期の時代のことです。

僕はそ…

no image
卒業記念

大学の卒業記念に、彼女と二人で旅行に行った。
何てことない、山口や北九州、別府を車でまわる旅だけど、楽しかった。
帰ってきて彼女の部屋で「楽しかったね」などと話をしてたら、不意に涙がこぼれてきた。
「…

no image
送られた最後の手紙

ある日、ポストに手紙が届いた。
差出人は、3カ月前に他界した俺の彼女からだった。
俺は手紙を開いた。

Dear 私の大好きな人

ゴメンね
いきなり手紙何かを書いちゃって(笑)))

でも、今こ…

no image
彼女のお守り

初めて彼女にあったのは、内定式のとき。同期だった。
聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文かなんかが賞を取ったこともあるらしく、
期待の新人ということだった。
ただ、ちょっときつめ&変わった人…