号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

前の嫁と死別して13年が経った

   

ちょっと語っていいかな。
オレさ、このあと式挙げるんだ。

前の嫁と死別して13年。
5日間の出張から帰ったら、部屋で死んでたよ。
妊娠してたんだけど、検診行ったら「育ってない」って言われたらしく、それを苦にしたみたいだ。

嫁さ、実家で「いらない子」扱いされてて。
親父がクソで「学校で一番とれないのは自分の子じゃない」なんて言ってて、がんばっても一番になれなかった嫁は中学のときから病んでた。

でもオレと知り合って、だいぶよくなったみたいでさ。
それでも「マトモに育てられてきてないから、親になる自信がない」って言ってて、4年経ってやっとその気になって妊娠したんだ。

出張から帰ってきて、嫁を見つけて、そっから先の記憶がない。
気づいたら、嫁に関わるほとんどはクソ親父に持っていかれたみたいで、家には嫁のもの、何もなくなってた。
位牌と遺骨だけは死守したみたいなんだけど、クソ親父とのやり取りも覚えてないんだ。

クソ親父、自分が一番だったから、自分の家族は一番なのが当然、娘の相手も一番が当然だったみたい。
だからオレのコトも、大嫌いだったんだよな。

嫁の写真とか、全部持っていかれるじゃん。
記憶の中で会えるからいいや、とか強がってたんだけどさ、忘れていくんだよな。
あんなに大好きで、いつも合わせてた顔なのにさ。
3年、4年経つと、思い出すのに時間がかかってきて、8年くらい経ったらもう完全に思い出せなくなってた。

嫁のことは今でも大好きだ。
でもやっぱり時間が経つと、恋愛っぽい相手も出てくるんだ。
そういう相手にはさ、嫁のこと言わなきゃいけないじゃん。
そうすると決まって、「奥さんの代わりにはなれないよ」って言われちゃうんだよ。

代わりを探してたつもりはなかったけど、そう見えちゃうのかなって。
そのたびに恋愛諦めようとしたんだけどさ。
で、今の彼女よ。

今の彼女だけはさ、嫁のこと話したら、「でもそういう経験があるから、今の728がいるんだし」って言ってくれて。
家に来て、嫁の位牌にも手を合わせてくれて。

そしたら、その、彼女が家に来た日よ。
彼女が帰って、風呂に入ってたら、突然嫁が降りてきたわ。
顔なんて忘れてたのに、おもしろいもんだよな。
満面の笑み浮かべて、頬っぺた撫でられた気がした。
風呂で声あげて泣いちゃったよ。

次の日、彼女に、正式に交際申し込んだ。
その後、嫁のクソ親父が死んで、嫁のいろいろが母親からオレに戻された。
気持ちの整理がついたから、改めて彼女に結婚申し込んだよ。

彼女(もうすぐ嫁になる)は、「奥さんは728の中で生きてるから、大事にしてあげてほしい。でも私は私で大事にしてほしい」と言ってくれてる。
毎日嫁の仏壇をキレイに掃除してくれて、手を合わせてくれてる。
二人の嫁を大事に、これからの人生精進していきたい。

オレ、幸せになるよ。
最初の嫁にしてやれなかったこと、二人目の嫁にしてやりたい。

長くなって申し訳なかった。
このスレ、ROMだけだったけど、ずいぶん励まされたんだ。
このスレのみんなに、幸多からんことを、心から願っている。
ちょっと先に、前へ進ませてもらうわ。

じゃ、準備に行ってくる。

 - 彼女・彼氏の泣ける話

  関連記事

no image
いつか…

1年前、私は2歳年上の彼と付き合っていました。

彼は、私が初めて本気で恋をした人でした。
前までは軽い気持ちで付き合って、別れて…
その繰り返しでした。

でも、彼が私に色々なことを教えてくれました…

no image
実話 余命三ヶ月の花嫁

私が、この世から消えてしまう前に
私の事を少し話します。

私は白血病です。

白血病になったのは二十歳ごろです。

その時は彼氏もいました。

でも、私は白血病になったのを彼にまだ言えませんでした。…

no image
年下の彼

年下の彼。

2県離れた(車で1時間半程の)ちょっとだけ遠距離の4つ下の年下の彼がいた。
私が25、彼が21の時。
付き合って2年目、彼が大学3回生で就職活動が始まった。
「忙しいからなかなか逢えなく…

no image
恋人が死ぬとしたら

いとこ(27歳男)が、大腸がんで死んだ。

いとこの彼女は、従兄弟ががんと分かってから、仕事もあったのに毎日病室に訪れ付き添った。

結婚の約束もしていたんじゃないかな。

食べ物を、
「お口…

no image
彼女のお守り

初めて彼女にあったのは、内定式のとき。同期だった。
聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文かなんかが賞を取ったこともあるらしく、
期待の新人ということだった。
ただ、ちょっときつめ&変わった人…

no image
精神的につらくて大切な人に八つ当たりをしてしまいました。

精神的につらくて大切な人に八つ当たりをしてしまいました。

散々ひどいことをいったのに
「何事も諦めるな 諦めたら終わりだよ」
とメールをもらいました。

もう嫌われたと思ったと返信したら

no image
「年上の彼女」 

少し長編になるかもしれませんが
最近気持ちの整理もできたので書いてみます。

今から随分前の話です。
僕がまだ10代で、あまり携帯電話は普及してなくて、
ポケベル全盛期の時代のことです。

僕はそ…

no image
送られた最後の手紙

ある日、ポストに手紙が届いた。
差出人は、3カ月前に他界した俺の彼女からだった。
俺は手紙を開いた。

Dear 私の大好きな人

ゴメンね
いきなり手紙何かを書いちゃって(笑)))

でも、今こ…

no image
食事券

まだあんまりいい給料もらってない頃。
それでもちゃんと野菜を沢山食え、と彼女に言われてよく行ったのが
サラダバーのある近所のデニーズ。同じく食べ放題のクロワッサンと
一緒に頼んで、死ぬほど野菜食った。…

no image
大事なことをメールで

彼女に大事な話があるから呼び出した。

彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。

別れるって言われるのかと思ってビビりながらいつものツタヤの駐車場に集合

お互い大事な事をメールに書いて同時に…