号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

難聴の娘

   

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。

その事実を知らされたときは嫁と泣いた。何度も泣いた。

難聴と知らされた日から娘が今までとは違う生き物に見えた。

嫁は自分を責めて、俺も自分を責めて、まわりの健康な赤ん坊を産むことができた友人を妬んだ。

ドン底だった。

バカみたいにプライドが高かった俺はまわりの奴等に娘が難聴って知られるのが嫌だった。

何もかもが嫌になった。

嫁と娘と三人で死のうと毎晩考えていた。

ある晩、嫁が俺に向かってやたらと手を動かしてみせた。

頭おかしくなったんかと思ってたら、喋りながらゆっくり手を動かし始めた。

「大好き、愛してる、だから一緒にがんばろう」

手話だった。

そのときの嫁の手、この世のものじゃないかと思うくらい綺麗だった。

それで目が覚めた。何日もまともに娘の顔を見てないことにもやっと気付いた。

娘は眠ってたが、俺が声をかけるとニタッと笑った。

あれから三年。

娘の小さな可愛い手は上手に動いてる。喋ってる。

 - 子供の泣ける話

  関連記事

no image
小さな子の話

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。いつもくる小さな子の話を一つ。

その子は生まれつき目が見えないらしく白い杖をつき母親と一緒に週に二、三度うちの店を訪れる客だった。

ある日、その子が一人で入…

no image
おうちの中にいないの?

一昨年の12月に母に頼まれて届けものに旦那と出掛けて行った。

そうしたら、隣のアパート(大家は親戚の家)の一回のベランダに女の子がいた。

届けものをして、高齢の親戚宅の掃除などを手伝ったりして…

no image
4歳になる娘

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。

ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

「○○ちゃんから、神様に手紙を…

no image
心の中で呟いた言葉

俺さ、以前病院勤務してたんだ。といっても看護婦や医者とか有資格者じゃないんだけどな。
でさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。よく知らずに入ったらさ、どうやら患者さんそろそろ・・・って場面だ…

no image
ホームラン

アメリカのとある地方に野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。

少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手に憧れています。

ある日、少年はその選手にファンレターを送りました。

「…

no image
10年前近所の人に8歳になる男の子を押しつけられた

誰にも言えないのでここで吐き出す。

10年前近所の人に8歳になる男の子を押しつけられた。
玄関前に置いて逃げてしまうので仕方なく面倒をみることになる。
ある日あんまり帰りが遅いのでお風呂に入れ…

no image
10円

この話は実話で、私はこの話を読むたびに、
「価値観」や「解釈」は人によって違うことを深く感じます。
その子は、生まれながら知恵おくれでした。

幼稚園は、近所の子供たちと一緒に通っていましたが、
小学…

no image
ある女性教師と子供の出会い

「ある女性教師と子供の出会い」

先生が小学五年生の担任になった時、どうしても好きになれない児童がひとりいた。
その少年は、一人服装が不潔でだらしなかった。中間記録に先生は少年の悪いところ
ばかりを記…

no image
小学校三年生の女の子のお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、子供たちの様子を見回って歩いていた時、
向こうの方でとても鮮やかなものが目に入ってきました。
何だろうと思って近づいて行くと小学校三年生の女の子のお弁当でした。

中を…

no image
幸せな時間をありがとう。

高校二年生の時私わ二年付き合っていた彼氏がいた。
ある日私の妊娠が発覚した。

私わ馬鹿な頭で精一杯考えた。
その結果私わ命を捨てられないという結果になった。
苦労するのわ分かっていた。
お母さんも若…