号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

職場の飲み会での話

   

職場の飲み会での話。
調子に乗ってガンガン飲んでたら、見事に回ってヘベレケ状態に。
ゲロ吐きそうになってトイレに駆け込むも、間に合わず入ったところでぶちまけた。
あまりの気分の悪さに立つことすらできず、そのままうずくまっていた。
しばらくして、女の先輩がトイレにやってきた。(店のトイレは男女兼用)
俺とゲロをみて一瞬ビビったみたいだけど、すぐに気遣って助けてくれた。
ぶちまけられた大量のゲロを、躊躇いもなく、そこらにあったトイレットペーパーなんかだけで処理。
俺の服から床の上まで、全部綺麗にしてくれた。
動けない俺は呆然とされるがままだった。

後日改めて先輩にお礼をもって謝りにいった。
他人のゲロなんて近寄りたくないものナンバーワンなのに、ホントすいませんって頭下げる俺に、
「困ったときはお互いさまだから」と小さく笑って、こんな話をしてくれた。
その先輩、子供の頃体が弱くて、よく学校で体調を崩したらしい。
小学生の時、授業中に気分が悪くなって教室で机にゲロ吐いた。クラス中もう大騒ぎ。
トイレに行ってしばらく休んで口をゆすいだりした後、教室に戻ったらゲロはそのまま。
「自分で吐いたものは自分で片付けなさい」って担任に言われて、自分で片付けた。
気分が悪くて辛くて、人前で吐いたのが恥かしくて、だけど誰も助けてくれなくて、惨めで悲しくて。
あの日俺をみて、その時の自分を思い出したんだって。

子供と大人。体調不良と酔っぱらい。状況が違いすぎるよ。
しかもこの人、自分は助けてもらえなかったのに。
全俺が泣いた。

 - 仕事での泣ける話

  関連記事

no image
融通の効く上司

約10年くらい前の話。

そろそろ付き合っていた彼女と結婚を考えていた。

仕事の遣り甲斐も感じ、結婚しても仕事を続けたいと希望していた彼女と俺にとっては、まさに好条件が整った状況下で不運は突然訪れた…

no image
会社をメンヘルで休職してる女友達が

会社をメンヘルで休職してる女友達が復帰してきた日、
ひどく不安そうにしていた。俺が話し掛けて「俺が
ついてるから、何でも言ってくれ」と言って職場の最新の
資料を渡したら別人のように元気になったな…

no image
同僚の彼

4年ほど前に本社より地方支店に左遷同様で転勤してきた同僚の彼。

事務の女の子に手が早いだの、上司に対して生意気で飛ばされて等、前評判はけして良くありませんでした。

でもいざ着任して同僚として付…

no image
ウエディングプランナーの話

私、ウエディングプランナーをしてて
沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど
忘れられない結婚式があります。
新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、
新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした…

no image
ナースコール

仕事に追われる毎日で、ついに身体をこわして入院した。
身体も壊れていたが、精神的にもズタズタの状態で、
人間不信になって生きていく気力がなくなっていた。
誰も信じられなくて、最初は看護師さんにもきつく…

no image
『産む時代』

オレの上司の係長の話。

オレは今の職場(の今の係)に採用されて3年目の若造。

採用一年目の時は、オレの話など聞く耳もたず、何をそんな次元の低い話をするんだ、みたいな態度だった。

この係は3人…

no image
怖面ての上司

自分でも理由は分からないが、気が付けば仕事やる気を無くして会社を欠勤し、それが数日続いたある日の夜、怖面ての上司が自宅に来た。

最後通告かな、と思いながら、上司の行きつけらしいショットバーへ連れ…

no image
もう少しで帰れるかも!

だいぶ前ソフト系の開発会社で働いていた。

ある月の月末の夜9時過ぎ、ああもう少しで帰れるかも!という希望が
見えて来た頃、何故か同じフロアの営業の新人が急に入って来てしゃがみ込みごそごそ。
私 「な…

no image
部長の解雇

そのときの部長はすっごく冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせてる人だった。

飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会なんかでも一人で淡々と飲むようなタイプで、良く怒られていたこともあって俺…