恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

*

いろはにほへと

   

いろはにほへと
ちりぬるを
わかよたれそ
つねならむ
うゐのおくやま
けふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

一文字も被らずに作られた名歌です。でも、この歌にはこんな話しがあります。

江戸の頃の話しです。

とある村に、身なりの汚れた一人の男が訪れました。
大人たちは、よそ者であるその男と関わろうとしませんでしたが、子供たちは興味津々。

数日も経たない内に、村の子供たちと男は友達になりました。

ある日、男は子供たちに歌を教えます。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

子供たちは意味が分かりません。そんな子供たちに男は

「この歌はね、最後が肝心なんだよ」

と言いました。

それからまた数日後、村から少し離れた町から役人がやってきて、その男を連れて行ってしまいました。

男は殺人を犯した重罪人だと言うのです。

ほどなくして、男は死刑になりました…

男が残した区切りのおかしい歌と、「最後が肝心」の言葉。気付かれてる方も多いと思います。

と か な く て し す

とが(今で言う罪)無くて死す

無実の罪で処刑されます

 - 人間の狂気

  関連記事

no image
『達人』

この話は、父から聞いた話です。

父が子供の頃は、学校から帰ると直ぐさま川にサワガニ捕りに出掛けていたそうです。
その日も一人で川に向かい、サワガニ捕りに出かけました。季節は夏で、むしむししていまし…

no image
ある女子トイレの室内で女性が惨殺された

ある女子トイレの室内で女性が惨殺された。顔面を鋭利な刃物でズタズタに引き裂かれ、原型もなくなっていた。
警察は犯人逮捕に尽力したが、どうしても犯人を特定できずに困り果てていた。
ある日、警察署に1…

no image
いじめの復讐

厨時代、いじめっ子のAという奴がいた。
唯我独尊な奴で、数人の取り巻きと一緒に気の弱そうな奴を殴ったりと嫌がらせをしていた。
少なくとも取り巻き以外はAを好いていなかった。
2~3年間はクラスそのまま…

no image
ナイーヴになりがちな時期

高校の頃、同じ学年で自殺者が出た。学校に来なくて、夕方くらいに亡くなったたらしい。
話が回るのは速いもんで、翌朝、登校したらすでにその話題でもちきりだった。
その彼は理系、俺らは文系コースだったので、…

no image
ユニセフ親善大使

黒柳徹子がユニセフ親善大使としてアフリカに行った時の話。

内戦で虐殺が行われたと言われていた国行って、難民キャンプを訪れた。
そこで出会った子供が孤児だと聞いたので、「誰があなたの親を殺したのか覚え…

no image
知らない人に

心霊系ではないが。

幼児の時、一人で外で遊んでたら、知らない車が私の横に停まり、
運転していたやはり知らないオッサンが、
「君のお母さんが病院に運ばれた、自分は頼まれて迎えに来た者だから、早く乗って…

no image
おい、まだかよ

俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、…

no image
あんた危ないぞ

ある夜、帰宅中夜道で後ろからついてくる男がいた。
俺は特に気に止めてなかった。

で、突然後ろから来たチャリの兄ちゃんが後ろに乗れ!と

怪しく思ったので、理由を聞くと
「後ろの男が刃物を持ってる…

no image
干物が盗まれるようになった

数年前から保存食作りにハマり、最近は魚の干物を良く作ってる。
と言っても、ベランダでアジやサンマの一夜干し作る程度なんだが、
少し前からやたら干物が盗まれるようになった。
家はアパートの三階なんでカラ…

no image
娘の命をかけたSOS

ある日突然娘が失踪。
家族や友人の元に、
『お金持ちでやさしい人と一緒に暮らしている。とても幸せよ、心配しないで。』という内容の手紙が届く。
しかし彼女は高収入のキャリアウーマン。
最愛の恋人にプロポ…