恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

*

閉ざされた一家

   

興味深い話しを聞いたので紹介しておきます。

警察には未公開な事件が多数あるらしいのですが、そのファイルの一つに、TSと銘打たれた事件がある。
事件はこうだ。今から7年前、千葉県内にて連続殺人事件が発生した。
被害者は8名で、全て20歳前後の男性。
遺棄された死体は全裸にされ、男性器…キンタマが千枚通しで二つとも串刺しになっている姿で発見されたとのこと。
しかも、生きている間に貫かれている。
これは、男性に深い怨みをもつ女性の犯行とみて捜査を続けたが、いっこうに犯人が上がってこない。
仕方がないので、公開し注意喚起とともに、情報提供をもとめようと考えた。

そんな中、現行犯のチャンスに警察はめぐまれたが、取り逃がしてしまった。
何故か?そこにいた全員が恐怖で動けなかったという。
犯人はプロファイルされた女ではなく…いや、人間ですらなかった。
正確にいうなら…雌というべきか…。奇形のよたいだったという証言もある。
とかく、目の前で玉を串刺しにされ悶える男をみながら、彼らは何もできなかった。

しかし、事が終わり、その化け物が去るときには正気に戻り、追跡を始めた。
その化け物は、土地で有名な資産家の宅へ入っていった。
まさか…さらに犠牲者が?と思い突入したが、何もなかったかのように主がいるだけだった。
ことの次第を説明し、捜査への協力を求めたが、主は顔色を変え拒否した。
しかたなく、署に戻り報告したが、
あまりに不可解かつ、主が一連の事件に深く関わっていることは一目瞭然であるため、
家付近をしばらく監視することに決定した。

1班は張り込みを、そして2班は身辺調査を…といった形で、2班に分けて捜査は続けられた。
張り込み組に関しては、1ヶ月以上なんの成果もなく時が過ぎたが、
調査組に関しては、興味深い事実を発見することができた。

その事実とは…

■その資産家の苗字○○○○(漢字四文字)は、その土地でなくてもかなり珍しい名前。
■何故かある代以下は養子で家を継がせており、実子が存在しない。
■ある代以下は結婚もせずに、養子縁組だけで成り立っている。
■養子にしている子供の素性が不明。

等々…

さて、成果の上がらない監視組はというと…。
あまりの暇さに、その化け物が入っていったことも見間違いかもしれないと、半ば諦めていた。
そんな中…23時頃、家の中から悲鳴とも雄叫びともとれる音が闇夜に響く。
捜査員は急いで自宅のインターホンを鳴らした。
しばらくして、主が戸を開けた、捜査員が先程の音の話しをすると…主はとたんに青ざめた。
何かある…と捜査員は主の家へ踏み込む。
リビングや寝室 等には異常はみられない。
やはり勘違いかと失望したが、二度目、やはり叫び声が家から聞こえた。

詳細に部屋内を調べると…明らかに、家の大きさからすると、大きすぎるデッドスペースがあるように思えた。
回りを捜索すると、予想通り入口を発見したのだった。
中に入った捜査員は…
中に漂う腐臭とその光景に硬直したらしい。

そこでみた光景は報告書によると…

■追跡した犯人が寝ていた。
■犯人と同じ様相の生き物が2体そこにいた。
■すぐ側に大きな箱があり、無造作に赤子と思しき腐った遺体が入れられていた。

とかく捜査員は無線で応援を呼び、主を確保。
そして、3体の化け物がいる部屋を閉ざし、応援を待った。

応援が到着後、主を連行し取り調べを行った。
調書からのポイントは以下のようなものだった。

■あの三体は自分の家族であり、母親、姉、娘であること。
■捨てられていた赤子も自分の子であること。
■○○○○家では近親相姦を繰り返し、あのような化け物(奇形)が生まれてくることが多いこと。
■先祖から家が集落に呪われており、
 集落の外にでることも集落の外から嫁を迎えることもできなかったことが、近親相姦の始まりであったこと。
■昔は奇形の赤子を埋めて棄てていたが、今では簡単に捨てられない為に、保管せざるを得なかったこと。
■昔は勝手に自分の実子にしても疑われなかったが、今では制度が整いすぎて、
 養子として実子を育てるしかなかったこと。

等々…信じられない話しが調書にまとめられた。

さて、彼らはその後どうなったかといえば…
主は勾留中に自殺。他の三体の家族たちは秘密裏に処理されたという。

主とのやり取りの中…
「失礼ですが、あのようなモノと性交をもつことに、嫌悪感はないのですか?」
という警察官の問いに、
「えぇ…家族ですから…」
と微笑む主の顔が印象的だったと、それを知る当事の警官は語ったという。

追記…

ちなみに調書で、なぜにあの奇形が男性のキンタマを刺すのか?ということについては、
解らずじまいだったそうです。
そして、千枚通しが8本もある家も変だし…とかく奇妙な話しでした。

尚、何故に彼らが外に出るかといえば、
主が「夜くらいは外の空気を吸わせてあげたい」って気持ちだったとのことです。

 - 人間の狂気

  関連記事

no image
いじめの復讐

厨時代、いじめっ子のAという奴がいた。
唯我独尊な奴で、数人の取り巻きと一緒に気の弱そうな奴を殴ったりと嫌がらせをしていた。
少なくとも取り巻き以外はAを好いていなかった。
2~3年間はクラスそのまま…

no image
猫好きの友達

小学生の時の話。

当時の俺には一人の友達がいた。
その友達は大の猫好きで、近所の公園に居着いている野良猫を良く一緒に可愛がっていた。
夏休みに入った頃、友達が車に轢かれて死んだ。
道路に飛び出した猫…

no image
まるはっちん

今から二十年ほど前の話です。
当時、僕は小学五年生だった。
隣のクラスにはいわゆる「知的障害者」の「*川」君という子が在籍していた。
親御さんが「健常な子供と一緒にどうしても教育を受けさせたい」と無理…

no image
古ぼけた小さな鍵

大学生の頃、小さな個人スーパーでバイトしてた。
そのスーパーは朝の6時から開いてて、俺は早朝勤務(朝の6時~大学に行くまで)だった。
小さなスーパーなのになかなか時給が良く、1限がない日はほとんど入っ…

no image
『達人』

この話は、父から聞いた話です。

父が子供の頃は、学校から帰ると直ぐさま川にサワガニ捕りに出掛けていたそうです。
その日も一人で川に向かい、サワガニ捕りに出かけました。季節は夏で、むしむししていまし…

no image
娘の命をかけたSOS

ある日突然娘が失踪。
家族や友人の元に、
『お金持ちでやさしい人と一緒に暮らしている。とても幸せよ、心配しないで。』という内容の手紙が届く。
しかし彼女は高収入のキャリアウーマン。
最愛の恋人にプロポ…

no image
残酷な子供

幼稚園の頃の記憶だが、
うちの親が会社やっていて、その社員の人達によくかわいがってもらってた。
で、そのうちの1人の田舎に「カブト虫とかいっぱいとれるから」って、
盆の帰省のときに、仲の良かった他の社…

no image
祖父に毒殺されかけていた

自分が実の祖父に毒殺されかけていたと知ったとき、
これは怖いと言うか悲しいと言うか、ひたすらショックだった。

中学生のとき、やたら体調が悪くて入退院を繰り返した時期があった。
そんな中、ある日突…

no image
ある女子トイレの室内で女性が惨殺された

ある女子トイレの室内で女性が惨殺された。顔面を鋭利な刃物でズタズタに引き裂かれ、原型もなくなっていた。
警察は犯人逮捕に尽力したが、どうしても犯人を特定できずに困り果てていた。
ある日、警察署に1…

no image
ユニセフ親善大使

黒柳徹子がユニセフ親善大使としてアフリカに行った時の話。

内戦で虐殺が行われたと言われていた国行って、難民キャンプを訪れた。
そこで出会った子供が孤児だと聞いたので、「誰があなたの親を殺したのか覚え…