恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

*

いじめの復讐

   

厨時代、いじめっ子のAという奴がいた。
唯我独尊な奴で、数人の取り巻きと一緒に気の弱そうな奴を殴ったりと嫌がらせをしていた。
少なくとも取り巻き以外はAを好いていなかった。
2~3年間はクラスそのままだったが、俺も関わり合いになりたくなくて無視してた。

3年の9月半ば、Aが交通事故で死んだ。
担任が「通夜が○○日にあるから、行く人は行ってあげてくれ」と言った。俺は正直行く気なかった。
担任が出て行った後、クラス中に歓声が沸いた。
虐められてた奴はガッツポーズやハイタッチ、女子は「あいつうざかったよね~」と口々に話し合っていた。

通夜の翌日。
クラス長(クラスの纏め役)から話を聞くと、
どうやら通夜に出席した生徒は、無理矢理出席させられたクラス長だけだったらしい。
取り巻きさえも来なかったそうだ。
Aの行いを知ってるせいか担任のお咎めもなかった。

その後、クラス全体でAの取り巻きだった奴に対するいじめ、というかしっぺ返しが始まり、取り巻きは皆不登校になった。
余談だが、今しがた当時のクラスメートからこんなメールが来た。
『○○って覚えてるか?Aの取り巻きだった奴、あいつ自殺したらしいぜw
 あれからずっと不登校だったんだとよ、ざまーみろって感じだよなwww」

361 :
>>337の書き込みを見て思い出したけど、何年か前北海道で起きた事件。

中学生の時に自分をいじめてた同級生を殺そうとして、その同級生の家に行くんだけど、
母親に外出中だと言われ、一度は引き返そうと思ったんだけど、
“一番の復讐方”を思いついて、すぐに同級生の家へ戻り母親を殺しちゃったやつ。

確かに一番の復讐方だし、いじめられてた方も可哀想なんだけど、
いじめっこは母親を殺されて、しかもそれが自分のせいで、
家族に一生恨まれながら生きていくのかなーと思ったらすごく複雑な気分になった。

 - 人間の狂気

  関連記事

no image
祖父に毒殺されかけていた

自分が実の祖父に毒殺されかけていたと知ったとき、
これは怖いと言うか悲しいと言うか、ひたすらショックだった。

中学生のとき、やたら体調が悪くて入退院を繰り返した時期があった。
そんな中、ある日突…

no image
残酷な子供

幼稚園の頃の記憶だが、
うちの親が会社やっていて、その社員の人達によくかわいがってもらってた。
で、そのうちの1人の田舎に「カブト虫とかいっぱいとれるから」って、
盆の帰省のときに、仲の良かった他の社…

no image
ナイーヴになりがちな時期

高校の頃、同じ学年で自殺者が出た。学校に来なくて、夕方くらいに亡くなったたらしい。
話が回るのは速いもんで、翌朝、登校したらすでにその話題でもちきりだった。
その彼は理系、俺らは文系コースだったので、…

no image
猫好きの友達

小学生の時の話。

当時の俺には一人の友達がいた。
その友達は大の猫好きで、近所の公園に居着いている野良猫を良く一緒に可愛がっていた。
夏休みに入った頃、友達が車に轢かれて死んだ。
道路に飛び出した猫…

no image
殺されかけた

私の実の兄が、昨年心筋梗塞で死んだ。25歳、挙式を間近に控えた秋だった。
火葬場で最後のお別れをし、炉の扉が開けられたその瞬間、
突然私の母が、私の体を炉に向けて強く押した。つーか上半身が炉に突っ込ん…

no image
まるはっちん

今から二十年ほど前の話です。
当時、僕は小学五年生だった。
隣のクラスにはいわゆる「知的障害者」の「*川」君という子が在籍していた。
親御さんが「健常な子供と一緒にどうしても教育を受けさせたい」と無理…

no image
あんた危ないぞ

ある夜、帰宅中夜道で後ろからついてくる男がいた。
俺は特に気に止めてなかった。

で、突然後ろから来たチャリの兄ちゃんが後ろに乗れ!と

怪しく思ったので、理由を聞くと
「後ろの男が刃物を持ってる…

no image
知らない人に

心霊系ではないが。

幼児の時、一人で外で遊んでたら、知らない車が私の横に停まり、
運転していたやはり知らないオッサンが、
「君のお母さんが病院に運ばれた、自分は頼まれて迎えに来た者だから、早く乗って…

no image
田舎で起きた事件

これは実際におこった、事件にまつわる話なんだ。
今から15~6年前、当時、俺は10歳だった。

俺の地元は山形県の中でもさらに田舎なところで。
ご近所さんはみんな親戚みたいなもだった。
おお…

no image
おい、まだかよ

俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、…