恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

*

古ぼけた小さな鍵

   

大学生の頃、小さな個人スーパーでバイトしてた。
そのスーパーは朝の6時から開いてて、俺は早朝勤務(朝の6時~大学に行くまで)だった。
小さなスーパーなのになかなか時給が良く、1限がない日はほとんど入っていた。
しばらくして開店作業を任されるようになって、店の鍵を預かることになった。
渡されたキーホルダーには裏口の鍵、シャッターの鍵、入り口の鍵などと一緒に、古ぼけた小さな鍵がついてた。
店長に何の鍵か聞いたんだが、適当にはぐらかされてしまった。
だが、開店作業には全く使わなかったし、倉庫か何かの鍵だろうと特に気にしていなかった。

しばらくたって、いつものように勤務してると、裏口で何か叫び声が聞こえた。
店の中には俺とパートのおばちゃんの二人しかいないし、一緒に作業中だったから、
不審者かと思って裏口におばちゃんと二人で行った。
するとそこには、ぼさぼさのいかにも長い間洗っていない長い髪のじいさんがいた。
じいさんは垢だらけのパジャマのような服の上からぼろぼろのレインコートを着て、人形を抱いたまま何かうめいていた。
何がなんだかわからず絶句していると、パートのおばちゃんは冷静に「鍵を貸して」と言った。
事情がよくわからないまま鍵を渡すと、
おばちゃんはそのまま爺さんを引きずるようにして店の裏の小さい倉庫に引きずっていった。
そしてあの古ぼけた鍵で倉庫を開けると、爺さんをそこに押し込み、また鍵をかけた。
爺さんはしばらく内側から扉を叩いていた。
あまりのことに呆然としていると、パートのおばちゃんが言いにくそうに言った。
「あの人ね、ここの社長のお父さんなの。
 認知症が進んで、たまに店に来るのよ。
 昼間や夜は店長がいるからいいんだけど、朝は店長が来るまでここに入れてるのよ。
 もう社長も世話する気がないらしくてね、お風呂もいれずにほったらかしなんだって。
 ご飯もあんまりあげてないらしくてね、たまに夜に来たときに惣菜のてんぷらを食べたりするみたい」

自分の父親にボケたとはいえこんな仕打ちができるのかと思ってゾッとした。
爺さんは店長が来るまで倉庫の中から時々泣き声のような叫びをあげていた。
そんな社長や店長が怖くなりバイトはすぐに辞めた。

 - 人間の狂気

  関連記事

no image
ナイーヴになりがちな時期

高校の頃、同じ学年で自殺者が出た。学校に来なくて、夕方くらいに亡くなったたらしい。
話が回るのは速いもんで、翌朝、登校したらすでにその話題でもちきりだった。
その彼は理系、俺らは文系コースだったので、…

no image
残酷な子供

幼稚園の頃の記憶だが、
うちの親が会社やっていて、その社員の人達によくかわいがってもらってた。
で、そのうちの1人の田舎に「カブト虫とかいっぱいとれるから」って、
盆の帰省のときに、仲の良かった他の社…

no image
まるはっちん

今から二十年ほど前の話です。
当時、僕は小学五年生だった。
隣のクラスにはいわゆる「知的障害者」の「*川」君という子が在籍していた。
親御さんが「健常な子供と一緒にどうしても教育を受けさせたい」と無理…

no image
ある女子トイレの室内で女性が惨殺された

ある女子トイレの室内で女性が惨殺された。顔面を鋭利な刃物でズタズタに引き裂かれ、原型もなくなっていた。
警察は犯人逮捕に尽力したが、どうしても犯人を特定できずに困り果てていた。
ある日、警察署に1…

no image
いじめの復讐

厨時代、いじめっ子のAという奴がいた。
唯我独尊な奴で、数人の取り巻きと一緒に気の弱そうな奴を殴ったりと嫌がらせをしていた。
少なくとも取り巻き以外はAを好いていなかった。
2~3年間はクラスそのまま…

no image
知らない人に

心霊系ではないが。

幼児の時、一人で外で遊んでたら、知らない車が私の横に停まり、
運転していたやはり知らないオッサンが、
「君のお母さんが病院に運ばれた、自分は頼まれて迎えに来た者だから、早く乗って…

no image
いろはにほへと

いろはにほへと
ちりぬるを
わかよたれそ
つねならむ
うゐのおくやま
けふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

一文字も被らずに作られた名歌です。でも、この歌にはこんな話しがあります。

江戸の頃の話…

no image
エアブラシアート

個人デザイン事務所時代の話。

エアブラシを使ってのリアルアートの仕事を受けた時、下請けに出してたKさんという人がいた。
Kさんは30代前半で身長155cm程度と小柄で、小さい頃にやった側湾症のため骨…

no image
娘の命をかけたSOS

ある日突然娘が失踪。
家族や友人の元に、
『お金持ちでやさしい人と一緒に暮らしている。とても幸せよ、心配しないで。』という内容の手紙が届く。
しかし彼女は高収入のキャリアウーマン。
最愛の恋人にプロポ…

no image
『達人』

この話は、父から聞いた話です。

父が子供の頃は、学校から帰ると直ぐさま川にサワガニ捕りに出掛けていたそうです。
その日も一人で川に向かい、サワガニ捕りに出かけました。季節は夏で、むしむししていまし…