恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

*

娘の命をかけたSOS

   

ある日突然娘が失踪。
家族や友人の元に、
『お金持ちでやさしい人と一緒に暮らしている。とても幸せよ、心配しないで。』という内容の手紙が届く。
しかし彼女は高収入のキャリアウーマン。
最愛の恋人にプロポーズされたばかりだ。
手紙のような理由で失踪する事は考えられないし、そんな非常識な行動をする性格ではない。
同じような手紙が家族や友人の元に届けられるが、
母は事件に巻き込まれていると思い、警察に捜索願いを出す。
しかし娘の会社宛に『退職願い』が届き、
さらに『私は自分の意思で家を出た。捜索願いは取り消して。』と手紙が届き、警察は捜索を打ち切ってしまう。

打ちひしがれる母。
それを慰める娘の男友達、ルッツ。
しかし犯人はそのルッツだった。
顔見知りなのをいい事に、彼女を自分の車に乗せ、そのまま自宅の地下に拉致監禁。
目当ては彼女のお金である。
そして疑われないように彼女に手紙を書かせていた。
彼女は彼の目の前で手紙を書かされるが、
ルッツに気づかれないよう、手紙に暗号を書いた。

一見すると何の変哲もない文章だが、よく見ると他の字より太い線で書かれたアルファベットがある。
それを順序よく繋げると、ドイツ語で『助けて』になる。
さらに犯人の名前『ルッツ』の文字も暗号にたくしてあった。
しかし母や娘の友達は誰ひとりその暗号に気づかなかった。

そして娘の失踪から4年の歳月が過ぎ、ルッツが別の誘拐事件で逮捕される。
その誘拐事件の被害者の証言で、ルッツが娘を誘拐し、殺害した犯人である事を知る母。

事件の内容だけでも十分後味が悪い。
しかもこの再現VTRは『手紙の暗号』に焦点をあてて作られているので、
見ている方は『暗号が解かれて娘が助かる』と予想してしまい、オチに唖然としてしまう。
暗号の発見に至った経緯も全然説明されていない。(おそらく犯人逮捕後に専門家が発見したのかな?)
何より、娘のSOSを娘の死後に知らされた母の気持ちを思うと、やりきれない。
あと、娘の死体は塩酸で溶かされて庭に埋められていた、といのも猟奇的で後味わる。

 - 人間の狂気

  関連記事

no image
残酷な子供

幼稚園の頃の記憶だが、
うちの親が会社やっていて、その社員の人達によくかわいがってもらってた。
で、そのうちの1人の田舎に「カブト虫とかいっぱいとれるから」って、
盆の帰省のときに、仲の良かった他の社…

no image
いろはにほへと

いろはにほへと
ちりぬるを
わかよたれそ
つねならむ
うゐのおくやま
けふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

一文字も被らずに作られた名歌です。でも、この歌にはこんな話しがあります。

江戸の頃の話…

no image
閉ざされた一家

興味深い話しを聞いたので紹介しておきます。

警察には未公開な事件が多数あるらしいのですが、そのファイルの一つに、TSと銘打たれた事件がある。
事件はこうだ。今から7年前、千葉県内にて連続殺人事件…

no image
いじめの復讐

厨時代、いじめっ子のAという奴がいた。
唯我独尊な奴で、数人の取り巻きと一緒に気の弱そうな奴を殴ったりと嫌がらせをしていた。
少なくとも取り巻き以外はAを好いていなかった。
2~3年間はクラスそのまま…

no image
干物が盗まれるようになった

数年前から保存食作りにハマり、最近は魚の干物を良く作ってる。
と言っても、ベランダでアジやサンマの一夜干し作る程度なんだが、
少し前からやたら干物が盗まれるようになった。
家はアパートの三階なんでカラ…

no image
おい、まだかよ

俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、…

no image
夢遊病

アンビリーバボーか何かでやってた海外の事件。

ある日、老夫婦が自宅で刺殺される。
犯人は殺された老夫婦の娘の夫だった。
仲が悪かったなどの事実はなく、
むしろ頻繁にお互いの家を行き来するなど、生前…

no image
殺されかけた

私の実の兄が、昨年心筋梗塞で死んだ。25歳、挙式を間近に控えた秋だった。
火葬場で最後のお別れをし、炉の扉が開けられたその瞬間、
突然私の母が、私の体を炉に向けて強く押した。つーか上半身が炉に突っ込ん…

no image
猫好きの友達

小学生の時の話。

当時の俺には一人の友達がいた。
その友達は大の猫好きで、近所の公園に居着いている野良猫を良く一緒に可愛がっていた。
夏休みに入った頃、友達が車に轢かれて死んだ。
道路に飛び出した猫…

no image
ユニセフ親善大使

黒柳徹子がユニセフ親善大使としてアフリカに行った時の話。

内戦で虐殺が行われたと言われていた国行って、難民キャンプを訪れた。
そこで出会った子供が孤児だと聞いたので、「誰があなたの親を殺したのか覚え…