恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

*

吐き気とめまいがして早退した

   

高校生の頃の話。

ある日、吐き気とめまいがして早退した。
普段は健康そのものなので、めまいなんか初めてだった。
あんまり具合が悪いんでタクシーで帰ろうと思ったけど、あいにく手持ちの金がなかった。
近くのコンビニで金を下ろして出てくると、雨が降り出していた。
土臭さの中に少し生臭さが混ざったような雨の匂いに、ますます気分が悪くなる。
普段雨の匂いなんて気にもとめないんだけど、その時はやたらと鼻について不快だった。もう今にも吐きそうなくらい。
もともと車酔いしやすいたちだから、今タクシーに乗ったら絶対吐くと確信した。

仕方ないから歩いて帰ろうとしてると、めまいが酷くなって世界がグルグル回っている感じがした。
雨の匂いも、どんどん生臭くて嫌な匂いになっていく感じがした。
立っていられずにうずくまっていると、通りすがりの人に声をかけられた。
俺とそう歳の変わらなさそうな若い男だった。
若いっていうか、まだ中学生か高校生くらい。制服は着てなかったけど。
「匂いにあてられたんじゃない?」とか言って、入れ歯洗浄剤みたいなでかいラムネ菓子みたいなやつをくれた。

普段なら知らない人からもらったものを口にしたりはしないと思う。
でもなんだかそいつとは初対面とは思えないような親近感があって、警戒心を抱かなかった。
食べると、やっぱり入れ歯洗浄剤みたいに口の中でシュワシュワした。
でも味はうまかった。梨みたいな甘い味だった。
それを食べると、気分がかなり良くなった。
急に生臭い匂いも薄まったように感じて、ほとんど気にならなくなった。
だいぶ具合も良くなったし、これで無事帰れると思ったら、そいつが送って行くって言い出した。
もう平気だし、うちは結構遠いからいいよって断った。

でもそいつは近道を知ってるからついて来いって言って、勝手に歩き出す。うちとは逆方向に。
だいたい家の場所を教えてないんだから、近道も何もあったもんじゃない。
こいつヤバい奴かなって、ついて行くのをためらった。
まだ中高生くらいなのに、平日の昼間から私服で出歩いてるし。
でももらったラムネに薬が入ってたんじゃないかってくらい楽しい気分になってきて、結局ついて行くことにした。
そいつはドラッグストアの駐車場に入って行った。

塀があるから通り抜けはできないはずなんだけど、構わずどんどん歩いて行く。
塀と壁の隙間に、人ひとりがやっと通れるくらいの狭い隙間があった。
そいつは戸惑う俺になんかお構いなく、スルスルっと隙間に入って行った。
俺もついて行こうとするけど、狭くて進みにくい。あちこち体がこすれて痛かった。
スタスタ先に行ってしまうそいつに、なぜか俺は「○○、待って」と口走っていた。
○○は死んだ猫の名前。本当になんで何の脈絡もなく猫の名前が出てきたのかわからない。
そいつは何も言わずに立ち止まっていたけど、俺が追いつく前にまた歩き出して先に進んでしまった。
少し歩くと隙間から抜けられた。

そこは俺の家のすぐ裏だった。しかもあいつの姿もない。
狐につままれた感がハンパない。
後日、その不思議な近道を確認しに行った。
塀と壁の隙間を覗き込むと奥は完全に行き止まりになっていて、通り抜けられる隙間なんかなかった。

その後、大学生になった俺は、飲み会で一つ上のAさんと出会った。
その人は高校の頃謎の近道で家に送ってくれたあいつにそっくりだった。
俺は興奮して「一度会ったことありますよね?」と問い詰めた。

Aさんは思いっきり嫌な顔をして「はぁ?お前誰だよ」って迷惑そうに答えた。
Aさんは大人しい人で、馴れ馴れしい積極的なリア充タイプの人間が嫌いだそうだ。
俺は普段そういう感じではないけど、その時は確かにうざいほどテンションが高かったと思う。
Aさんはどこからどうみてもあいつそっくりだし、
更に驚くことに、近づくとあいつからもらったラムネ菓子そっくりな匂いがする。梨みたいな甘い匂い。

俺はオカルティックな好奇心に駆られてAさんに接近しようと頑張ったんだけど、すげーうざがられた。
最初はアドレスすら教えてくれなかったし、話しかけてもほとんど反応すらしてくれなかった。
それでも粘ると、ようやくまともに接してくれるようになった。今は結構仲がいい。
でも結局Aさんは、高校生の時の俺に会ったことは絶対にないって言う。
それに、なぜAさんに激似のあいつに対して死んだ愛猫の名前を口走ったのか謎のまま。

690 :>>688
Aさんに会うまでのくだり、江國香織の「デューク」みたいだね
男の人の中にいたのがねこちゃんだったと思うとたまらんです

いいお話ありがとう

691 :>>686
通り抜けられる隙間は無かった。
でも、君も猫なら通り抜けられる隙間はあったんじゃないかな?
少年に貰ったラムネ、それを食べた瞬間君は猫になった、そう考えるば説明がつく。

692 :
そして実はAさんは猫(転生した〇〇)を飼っている、とか

695 :>>690
うちの猫が俺を心配して助けにきてくれたってことなら嬉しいな。Aさん(?)の体乗っ取ってるけどw
その本、気になるので読んでみます。ありがとう。

>>691
夢があるね。でも仮にそうだったとしても、あの場所から家に着くのは無理がある。ワープでもしない限り。

696 :>>692
Aさんは動物が苦手というか、恐怖を感じるらしいので飼ってない。
俺がまた猫を飼いたいって言っただけで本気で嫌そうにする。

そういえば犬を抱っこしたあとに会ったことがあるんだけど、さっき犬に触っただろうって言い当てられたことがある。
その後は怖いくらい不機嫌だったけど、チキンカレー作ったよって言ったら素直に食べにきた。

697 :
aさんと猫と過去の逸話とは何の共通点もなし?
脈絡ないけど良い話だね
でもやっぱ謎めいてて不思議

698 :>>697
Aさんは過去にお前に会ったことなんかねーよバーカって言い張るけど、Aさんと猫との共通点は結構あるかもしれない。
動物が苦手とか、鶏肉が好きで魚が嫌いとか、かなり人見知りなところとか。
あとなんと言っても顔立ちが似てる…気がする。
俺が猫恋しさにそう思うだけかもしれないけど。
ちなみにAさんは今現在、俺のアイスを勝手に食べながらこの書き込みを見て呆れ顔でバカジャネーノ?って言ってる。

 - 動物霊

  関連記事

no image
動物霊

『動物霊って良くないよ、成仏できてないのが沢山そばにいるよ』
自称見える人Aさん談。

『貴方、複数の犬に守られてる』
自称見える人Bさん談。

あまり面識のない人に突然言われて、変な宗教とかの勧誘か…

no image
最終列車

仕事中に体験した話です。

仕事は列車の運転士をしています。
その日は大雨の中、最終列車の乗務をしていて駅に停車中でした。
やがて出発時刻となり、信号が青に変わった瞬間信号が消灯してしまいました。
お…

no image
猫(メス・推定5歳)と住んでいる

この間風邪をこじらせ、会社を早退した。
一晩寝たら治ると思ってたが、次の日目が覚めたら体が動かなかった。
枕もとのポカリ飲むのがやっとで、マジで這う事も出来ない。
鞄の中で携帯が鳴ってても、そこまでた…

no image
野良猫がうるさい

就職で初めて一人暮らしを始めた頃、
慣れない生活のせいか、どうもいつもダルくて辛かった。
寝ても熟睡できてないのか、目覚めた時に寝る前よりも疲れてる感じ。

ある日どうしても起きれなくて、体調不良とい…