エロ過ぎる!子供は見ちゃダメ!!本当にあったえっちな体験談200話超デラックス

エロ過ぎる!子供は見ちゃダメ!!本当にあったえっちな体験談200話超デラックス

*

「○○触ってええか?」オ●パイの呼称別 男の性格診断

   

・「○○触ってええか?」オ●パイの呼称別 男の性格診断

オ●パイ ……
一見ふつうの言い方に思えるが、これ以上いやらしい言い方はなく、
女性の肉体だけが目的のエロエロ男子である可能性がある。
平気でストレートにオッパイと言えてしまうその性格は問題である。

パイオツ ……
非常にハレンチな性格をしており、風俗マニアである可能性が高い。
10~20代でパイオツと言っている男性がいるならば、その人は重症である。

パイパイ ……
いやらしいだけでなく下品な性格をしている可能性が極めて高い。
マザコン的な思考の持ち主で、婚期が遅れることもありえる。

乳房(ちぶさ) ……
あまりにもマニアックで、SMよりも危ない「痛い系」の趣味を
持っているケースが多い。性格は優しいものの、セクシャルな
関係になると脱糞をするなど変態行為に及ぶケースもある。

乳房(にゅうぼう) ……
極めて危険なフェチや性癖をもっている可能性があり、
女性にとって理解のできない性的な行為をしてくることがある。
草木や地面、海との性行為をしかねない。

胸(むね) ……
比較的社交的な性格をしており、女性に気を使うことができる。
しかしなかなか手を出してこない慎重派でもあるので、草食男子に多い。

バスト ……
ヒップホップが好きな男性の可能性が高い。
リズムに乗りながらポヨンポヨンと揉んでくる可能性があるが、
性格は悪くないので許してあげよう。

胸部(きょうぶ) ……
何らかの犯罪に巻き込まれている可能性がある。

乳(ちち) ……
おっさんのような性格をしている可能性が極めて高い。
しかし一度愛した女性はずっと愛し続ける性格をしているので、
たとえダサかったとしても幸せな結婚生活を求めるならアリな男性である。

 - エッチ度★☆☆☆☆

  関連記事

no image
カルピスを溢した

シコシコして逝く瞬間にティッシュを取ろうと
思ったのですが1枚もありません。
チ●コの皮を思いっきり引っ張り皮の中に精子を
貯めトイレにダッシュしたのですが段差でつまづき
精子を廊下にブチ撒…

no image
女の子「夜にね、ママがパパのち●ちん食べてたの」

保育園児の女の子(4歳)に「夜にね、ママがパパのち●ちん食べてたの」と
衝撃発言され、唐突過ぎてどうしていいか分からず
「いいなぁ!先生も食べたい!」と言ってしまったのが今日のハイライト(´・ω・…

no image
【MHP3】ウザイプレイ仲間

917 :

俺がフレAとフレ限定部屋で二人で狩ってたら俺の別のフレBが一緒にやりたいと言ってきた

Aに了承を取りBが部屋に来たんだがそのBはBのフレCを了承も無しに連れてきた

この時点で既にア…

no image
嫁が相談もなく通販でアダルトグッズを購入した

94 :最近マンネリと感じたらしい嫁が相談もなく通販でアダルトグッズを購入した。
コスプレかローターくらいかと思ったら、肌色のシリコン製オナホのみが出てきた。
チソコにかぶせ(?)られて一分…

no image
うちの嫁は最近言葉責めにハマってる

うちの嫁は最近言葉責めにハマってるよ。
なんか事前に台詞がいっぱい載ってる台本(嫁が自分で書いたらしい)を渡されて、
セクロスの最中にその中から適当な台詞選んで言うってパターンなんだけど・・・

no image
どんな遅漏でもイカせます

昔商人ありて、バイブとオナホを売っておった。
商人曰く、「このバイブはどんなマグロでも潮を噴かせ、
このオナホはどんな遅漏でもイカせまする。」と。

そこで一人の男問いて曰く
「そのバイブでそ…

no image
なすがままの私に男が手に余る程の物を突っ込んできました

先週のことです。
私が車を止めると、突然三人組みの男が現れました。

一人が優しく声をかけた後、二人がかりで私のボディーを撫で回してくるのです。
なすがままの私にもう一人の男が両手に、手に余る程…

no image
母のメールより

タンポポの写メと共に

「でっかいチンポポが咲きました」という一文をそえた母からのメール

no image
あるエンジニアが・・・

エロ画像自動収集ツールというものを考えた事がある。
肌色のRGBを範囲指定して、その範囲の色の割合が多い画像を自動で保存するクローラーである。

テストコードを組んでwebキャッシュで動作確認をし…

no image
砂漠を1人でらくだに乗って旅していた男が

ある男が砂漠を1人でらくだに乗って旅していたが、寂しくてどうにも女が欲しくなってしまいました。
しかしそこは砂漠、通りかかる人などおらずひもじい気持ちは高まるばかり。そこでふっと男は気付いた”このらく…