恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

恐怖!!絶対見てはいけない!!本当にあった怖い話200話超デラックス

*

ある女子トイレの室内で女性が惨殺された

   

ある女子トイレの室内で女性が惨殺された。顔面を鋭利な刃物でズタズタに引き裂かれ、原型もなくなっていた。
警察は犯人逮捕に尽力したが、どうしても犯人を特定できずに困り果てていた。
ある日、警察署に1人の男がただならぬ様子で自首してきた。

彼は放尿する女性を盗撮するのが趣味らしく、事件のあった日も件のトイレにビデオカメラを仕掛けていたという。
手掛かりを掴めるかもしれないと警察は考え、そのビデオカメラを再生した。
ビデオカメラにはトイレの様子がはっきりと移されており、これなら犯人の素顔を特定できるかもしれないと警察は期待した。
そして被害者の女性がトイレに入った瞬間、奇妙なものが写り込んだ。
窓の隙間、ほんの僅かな空間から、小さな老婆が侵入した。

手には鋭利なガラス片を握りしめ、顔は皺くちゃで、歯はボロボロであった。
老婆は凄まじい早さで女性の顔までよじ登ると、彼女の顔面を笑いながらメチャクチャに引き裂いた。
捜査員には嘔吐する者、引きつった表情のまま固まる者やらで、パニックになった。
被害者が完全に息絶えると、老婆はカメラレンズに急接近して、「つぎはおまえだよ」と言った。

結局、事件は迷宮入りになり、そのビデオカメラのテープは、今でも署内に保管されている。

 - 人間の狂気

  関連記事

no image
猫好きの友達

小学生の時の話。

当時の俺には一人の友達がいた。
その友達は大の猫好きで、近所の公園に居着いている野良猫を良く一緒に可愛がっていた。
夏休みに入った頃、友達が車に轢かれて死んだ。
道路に飛び出した猫…

no image
ユニセフ親善大使

黒柳徹子がユニセフ親善大使としてアフリカに行った時の話。

内戦で虐殺が行われたと言われていた国行って、難民キャンプを訪れた。
そこで出会った子供が孤児だと聞いたので、「誰があなたの親を殺したのか覚え…

no image
干物が盗まれるようになった

数年前から保存食作りにハマり、最近は魚の干物を良く作ってる。
と言っても、ベランダでアジやサンマの一夜干し作る程度なんだが、
少し前からやたら干物が盗まれるようになった。
家はアパートの三階なんでカラ…

no image
ナイーヴになりがちな時期

高校の頃、同じ学年で自殺者が出た。学校に来なくて、夕方くらいに亡くなったたらしい。
話が回るのは速いもんで、翌朝、登校したらすでにその話題でもちきりだった。
その彼は理系、俺らは文系コースだったので、…

no image
娘の命をかけたSOS

ある日突然娘が失踪。
家族や友人の元に、
『お金持ちでやさしい人と一緒に暮らしている。とても幸せよ、心配しないで。』という内容の手紙が届く。
しかし彼女は高収入のキャリアウーマン。
最愛の恋人にプロポ…

no image
あんた危ないぞ

ある夜、帰宅中夜道で後ろからついてくる男がいた。
俺は特に気に止めてなかった。

で、突然後ろから来たチャリの兄ちゃんが後ろに乗れ!と

怪しく思ったので、理由を聞くと
「後ろの男が刃物を持ってる…

no image
エアブラシアート

個人デザイン事務所時代の話。

エアブラシを使ってのリアルアートの仕事を受けた時、下請けに出してたKさんという人がいた。
Kさんは30代前半で身長155cm程度と小柄で、小さい頃にやった側湾症のため骨…

no image
犬のヌイグルミ

昔、妹が大事にしていた犬のヌイグルミに、
「早く起きて!今すぐ起きて!」と言われる夢を見た事がある。
それで、夢から覚めてみたら、
目の前に酒臭い息で当時別居中だった父の名前をブツブツ呟きながら俺の首…

no image
おい、まだかよ

俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、…

no image
いじめの復讐

厨時代、いじめっ子のAという奴がいた。
唯我独尊な奴で、数人の取り巻きと一緒に気の弱そうな奴を殴ったりと嫌がらせをしていた。
少なくとも取り巻き以外はAを好いていなかった。
2~3年間はクラスそのまま…