号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

夏の思い出

   

夏といやあ空き地だよね。
夏休みじゃあないが夏の思い出を一つ。
俺が小さい時周りは空き地だらけで、よく草の中で妹と遊んだな~。
今じゃあ何十もあった空き地は全部消えてしまった。もうずいぶん前の話。

しばらくして一人実家から離れて京都に出てきて、大学遅刻ぎりぎりで自転車死ぬ気でこいでた時、ふとあの頃の草のにおいがした。
それが何というか、100%あの頃の匂いだったんだよ。こう、草のブレンド率と種類までまったく一緒だったんだと思う。
あんまり完璧だったんだね、体の方が心で感じる前に反応しちゃった。でなきゃあ泣いてる自分に気づかないなんて事あり得ない。
自転車こいで顔が火照ってて涙に気付かなかった。なんか体が動かしにくくなって自転車止めた。
したら泣いてたことに気付いた。ビックリした。懐かしさを感じたのはその後だった。

その時は不思議だったよ。何で俺が気付かないのに俺が泣くんだって。でも少しして思った。
もしかしてあの頃野を駆け回った子供の俺はまだ俺の中にいるのかもしれないなって。
いや、あの頃からずっといたのかもしれない。
心を殺した俺のなかで、汚い景色ばっかり見てずっとしぼんでた。それが、まったく同じ空き地を見つけた時、たまらなくなって俺の袖引いて、泣いちゃったのかもしれない。
「ねえねえ」って。「OO(妹の名前)はどこ?」「帰ろうよ」って。そう考えて初めて大人の漏れは激しく泣けた。

俺、その日大学休んだ。ずっとその空き地に座ってた。マジ。欠席理由:匂い、妄想育児休暇。たぶん日本初。
でも決して目は閉じなかった。目なんか閉じたらあの頃とまったく同じシチュだ。100%泣き崩れる自信があったよ。

あの空き地は次の日には別の匂いだったのかもう涙は出なかった。
こんなことならあの時目をつぶってりゃ、寝て夢でも見てりゃあって思ったけど、まあいいんだ。
どうだ、おい、まだ俺、腐って無かったよな?安心しろ、二度と忘れない。コンクリに囲まれても、子供の頃も今の家族も大切にするよ。

 - 子供の泣ける話

  関連記事

no image
おうちの中にいないの?

一昨年の12月に母に頼まれて届けものに旦那と出掛けて行った。

そうしたら、隣のアパート(大家は親戚の家)の一回のベランダに女の子がいた。

届けものをして、高齢の親戚宅の掃除などを手伝ったりして…

no image
幼稚園の頃、同級生に足の不自由な子が居た

幼稚園の頃、同級生に足の不自由な子が居た。
その子がいつもヒョコヒョコ歩くのを幼稚園のみんなが笑ってた。
私もその子のことを「変な歩き方するなー。」って子どもながら思っていたけれど、
小心だった…

no image
幸せな時間をありがとう。

高校二年生の時私わ二年付き合っていた彼氏がいた。
ある日私の妊娠が発覚した。

私わ馬鹿な頭で精一杯考えた。
その結果私わ命を捨てられないという結果になった。
苦労するのわ分かっていた。
お母さんも若…

no image
4歳になる娘

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。

ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

「○○ちゃんから、神様に手紙を…

no image
良い事したら

昨日電車で10歳くらいの男の子がおじいさんに席を譲った時、おじいさんが
「ありがとう、お母さんに教わったのかい?」
て聞いてた。

そしたら男の子が
「いっぱい良い事したらお父さんが帰ってくるの」…

no image
ホームラン

アメリカのとある地方に野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。

少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手に憧れています。

ある日、少年はその選手にファンレターを送りました。

「…

no image
小学校三年生の女の子のお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、子供たちの様子を見回って歩いていた時、
向こうの方でとても鮮やかなものが目に入ってきました。
何だろうと思って近づいて行くと小学校三年生の女の子のお弁当でした。

中を…

no image
10円

この話は実話で、私はこの話を読むたびに、
「価値観」や「解釈」は人によって違うことを深く感じます。
その子は、生まれながら知恵おくれでした。

幼稚園は、近所の子供たちと一緒に通っていましたが、
小学…

no image
壊れたDS

ついさっきの話
長文すまん。
当方宮城県民。
朝からスーパー並んでたんだが、私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ。
子供は大事そうに壊れたDS(画面の亀裂はもちろん色々飛び出してる)を持…

no image
大切なあなたへ

なにより大切なあなた…
誰よりも可愛いあなた…
私の宝ものの…
あなた

大きなこえで産まれてきたあなた…
お母さん大好き…
そういってくれたあなた…
いつも小さな手で、
私の手をしっかり握っていたあ…