号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

ホームラン

   

アメリカのとある地方に野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。

少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手に憧れています。

ある日、少年はその選手にファンレターを送りました。

「ぼくは、めがみえません。でも、まいにちあなたのホームランをたのしみにしています。

しゅじゅつすればみえるようになるのですが、こわくてたまりません。

あたなのようなつよいこころがほしいです。  ぼくのヒーローへ」

この手紙がマスコミの目に留まり、二人の対面が実現する事になりました。

カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。

今度の試合でホームランを打てば、少年は勇気をもって手術に臨む、と…。

そして、その試合でヒーローによる最後の打席。2ストライク・3ボール。

テレビや新聞を見た多くのファンがスタジアムで固唾を呑んで見守り、少年自身もテレビの中継を祈る思いで聞いています。

しかし、ピッチャーの投げた最後のボールは大きな空振りとともにキャッチャーミットに突き刺さりました。

そして全米から大きなため息が漏れようとしたその時、スタジアムの実況がこう言いました。

「・・・ホームラーンッ!月まで届きそうな大きな大きなホームランですっ!!!」

 - 子供の泣ける話

  関連記事

no image
10年前近所の人に8歳になる男の子を押しつけられた

誰にも言えないのでここで吐き出す。

10年前近所の人に8歳になる男の子を押しつけられた。
玄関前に置いて逃げてしまうので仕方なく面倒をみることになる。
ある日あんまり帰りが遅いのでお風呂に入れ…

no image
良い事したら

昨日電車で10歳くらいの男の子がおじいさんに席を譲った時、おじいさんが
「ありがとう、お母さんに教わったのかい?」
て聞いてた。

そしたら男の子が
「いっぱい良い事したらお父さんが帰ってくるの」…

no image
4歳になる娘

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。

ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

「○○ちゃんから、神様に手紙を…

no image
おうちの中にいないの?

一昨年の12月に母に頼まれて届けものに旦那と出掛けて行った。

そうしたら、隣のアパート(大家は親戚の家)の一回のベランダに女の子がいた。

届けものをして、高齢の親戚宅の掃除などを手伝ったりして…

no image
夏の思い出

夏といやあ空き地だよね。
夏休みじゃあないが夏の思い出を一つ。
俺が小さい時周りは空き地だらけで、よく草の中で妹と遊んだな~。
今じゃあ何十もあった空き地は全部消えてしまった。もうずいぶん前の話。

no image
ある女性教師と子供の出会い

「ある女性教師と子供の出会い」

先生が小学五年生の担任になった時、どうしても好きになれない児童がひとりいた。
その少年は、一人服装が不潔でだらしなかった。中間記録に先生は少年の悪いところ
ばかりを記…

no image
心の中で呟いた言葉

俺さ、以前病院勤務してたんだ。といっても看護婦や医者とか有資格者じゃないんだけどな。
でさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。よく知らずに入ったらさ、どうやら患者さんそろそろ・・・って場面だ…

no image
幸せな時間をありがとう。

高校二年生の時私わ二年付き合っていた彼氏がいた。
ある日私の妊娠が発覚した。

私わ馬鹿な頭で精一杯考えた。
その結果私わ命を捨てられないという結果になった。
苦労するのわ分かっていた。
お母さんも若…

no image
難聴の娘

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。

その事実を知らされたときは嫁と泣いた。何度も泣いた。

難聴と知らされた日から娘が今までとは違う生き物に見えた。

嫁は自分を責めて、俺も自分を責めて、…

no image
小さな子の話

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。いつもくる小さな子の話を一つ。

その子は生まれつき目が見えないらしく白い杖をつき母親と一緒に週に二、三度うちの店を訪れる客だった。

ある日、その子が一人で入…