号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

送られた最後の手紙

   

ある日、ポストに手紙が届いた。
差出人は、3カ月前に他界した俺の彼女からだった。
俺は手紙を開いた。

Dear 私の大好きな人

ゴメンね
いきなり手紙何かを書いちゃって(笑)))

でも、今この手紙を読んでるって事は、私はこの世界にいないんだろな..。
隼人..ありがとネ。こんな私の彼氏になってくれて、隼人から告白された時嬉しくて死んじゃうと思ったよ(//∇//)

私も、隼人が大好きだよ。
ゴメンね。最初は、断って…。
もうその頃には、あと3年生きれるかわからなくってさ。いつ死ぬかわからない様な女を彼女にしたってイイコトないと思ったの。でも、覚えてる?隼人「俺が好きなのは、お前だ!!!誰よりもお前が可愛く見えるんだよ!!!」って言ったんだよ。私すっっっごく嬉しかった。その時思ったの。「この人と一緒に居たい」って

ありがとう。毎日お見舞い来てくれて
ありがとう。勉強教えてくれて
ありがとう。毎日学校の話してくれて
ありがとう。いつも側に居てくれて
ありがとう。大好きって言ってくれて

私には、もうないけど隼人にはまだ未来がある。これからが待ってる。だから、隼人は、私なんか気にしないで好きな人作ればいいんだよ。大丈夫!!
隼人は世界一かっこいいんだから!!自身持って!!!
私には、隼人の代わりは居ないけど、隼人には、私の代わりはたくさん居る。だから、私の事は忘れて下さい。

隼人はいっぱい恋愛していっぱい喧嘩して大切な人作って、いっぱい子供作って、幸せな未来を創って下さい。

短い間だったけど、私は隼人と一緒にいられてとても幸せでした。

ありがとう。隼人。こんな私にこんなキラキラした想い出をたくさんくれて、前まで死ぬなんて全然怖くなかった。なのに、今はすっっっごく生きていたい。隼人と一緒に生きていたいって思うようになった。

ゴメンね。おいて行かれる人の方が辛いのに、本当にゴメンね。

さっき忘れてって書いたけど、やっぱり訂正。一つだけ、覚えていて

私はいつも側にいるから。

隼人…。生まれ変わったら今度は私から隼人に告白するね。それでお互いが好き同士だったら。

結婚しようね。隼人。

大好きだよ。

あなたに出会えて良かった。

Fromあなたの彼女より

( i _ i )
「ああ、…じゃあ俺は……..お前が生まれ変わるまで….。ここで….お前を…ずっと….待ってる。………大好きだ….ぜ。……………….さくら……..。」

俺は待つ事にした。

君が生まれ変わるまで

君と出会った。

この桜の木の下で

永久の愛を誓うために

 - 彼女・彼氏の泣ける話

  関連記事

no image
卒業記念

大学の卒業記念に、彼女と二人で旅行に行った。
何てことない、山口や北九州、別府を車でまわる旅だけど、楽しかった。
帰ってきて彼女の部屋で「楽しかったね」などと話をしてたら、不意に涙がこぼれてきた。
「…

no image
「浮気しなきゃいいよ」

俺から告白して彼女が言った言葉

「浮気しなきゃ良いよ」

そりゃこっちから告白したけどさ、せめて「いいよ」とか「うん」とかの返事ぐらい普通はするでしょ。
それが「浮気しなきゃ良いよ」ってどうよ?
ま…

no image
妻との約束

80歳くらいの年配の紳士が指の抜糸をしてもらいにやってきた。
彼は9時に約束があって急いでいたので私はすぐに診察することにした。
傷を診てみると、もうほとんど治癒状態で私は抜糸をすることにした。

no image
前の嫁と死別して13年が経った

ちょっと語っていいかな。
オレさ、このあと式挙げるんだ。

前の嫁と死別して13年。
5日間の出張から帰ったら、部屋で死んでたよ。
妊娠してたんだけど、検診行ったら「育ってない」って言われたらしく、そ…

no image
彼女のお守り

初めて彼女にあったのは、内定式のとき。同期だった。
聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文かなんかが賞を取ったこともあるらしく、
期待の新人ということだった。
ただ、ちょっときつめ&変わった人…

no image
いつか…

1年前、私は2歳年上の彼と付き合っていました。

彼は、私が初めて本気で恋をした人でした。
前までは軽い気持ちで付き合って、別れて…
その繰り返しでした。

でも、彼が私に色々なことを教えてくれました…

no image
恋人が死ぬとしたら

いとこ(27歳男)が、大腸がんで死んだ。

いとこの彼女は、従兄弟ががんと分かってから、仕事もあったのに毎日病室に訪れ付き添った。

結婚の約束もしていたんじゃないかな。

食べ物を、
「お口…

no image
大事なことをメールで

彼女に大事な話があるから呼び出した。

彼女も俺に大事な話があると言われて待ち合わせ。

別れるって言われるのかと思ってビビりながらいつものツタヤの駐車場に集合

お互い大事な事をメールに書いて同時に…

no image
実話 余命三ヶ月の花嫁

私が、この世から消えてしまう前に
私の事を少し話します。

私は白血病です。

白血病になったのは二十歳ごろです。

その時は彼氏もいました。

でも、私は白血病になったのを彼にまだ言えませんでした。…

no image
食事券

まだあんまりいい給料もらってない頃。
それでもちゃんと野菜を沢山食え、と彼女に言われてよく行ったのが
サラダバーのある近所のデニーズ。同じく食べ放題のクロワッサンと
一緒に頼んで、死ぬほど野菜食った。…