号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

妊娠

   

大学を卒業して、大手企業に就職したばかりの四月、妊娠が発覚した。
えっ?何で? これが私の正直な気持ちだった。
苦労して入った大学、氷河期に死ぬ気でとった内定、やりたい事、やる
べき事がまだ山のようにあった。
自身の未来を考えて、即座に堕胎を決意した。

隣町の産婦人科へ行き「おろしますか?」と聞かれたとき、なぜか「は
い」と答えられなかった。
それから会社を辞め、主人と話し合い入籍。
結婚式や新婚旅行どころか、指輪さえもらえなかった。

胎児は順調に育ち無事出産。しかしここからが本当の戦いだった。
育児は思っていた以上に苦しく、毎日子供に怒鳴りちらす生活。
「お前なんか産まれてこなければよかった!」
「お前がいなければ、私は東京でやりたい仕事をしてた」
「お前のせいで、結婚式もできなかった」
毎日毎日、子供を責め旦那を責め、自身を責めノイローゼになった。
本気で死んでくれないかと思った事すらあった。

子供が1歳になったある日、体調不良で病院に行くことになった。
結果、かなり進行した子宮ガンだった。
私は23歳で子宮を全摘出した。

今息子は2歳になろうとしている。
朝起きると自分がご飯を食べる前に、バナナを私の口に入れてくれる。
私が朝が弱いことを知った上での行為だ。

あの時、堕胎しなくてよかった。
子宮摘出手術が終わったその日、私はベッドの上でおもいっきり泣いた。
悲しかったわけではない。嬉しくて、嬉しくて涙が止まらなかったのだ。
「息子は神様がくれた最初で最後のプレゼントだったのね」
そう思うと息子と主人に感謝の気持ちでいっぱいになった。

OOOくん本当にありがとう。
産まれてきてくれて、本当にありがとう。
こんなにくだらない私をママにしてくれて、ありがとう。
そしてこの世に出るためにママを選んでくれてありがとう。

あなたに逢えて本当によかった
うれしくて
うれしくて
言葉にできない

この歌をOOOくんとそのパパに・・・

 - 子供の泣ける話

  関連記事

no image
幼稚園の頃、同級生に足の不自由な子が居た

幼稚園の頃、同級生に足の不自由な子が居た。
その子がいつもヒョコヒョコ歩くのを幼稚園のみんなが笑ってた。
私もその子のことを「変な歩き方するなー。」って子どもながら思っていたけれど、
小心だった…

no image
4歳になる娘

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。

ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

「○○ちゃんから、神様に手紙を…

no image
雪ダルマ

この間買い物しようと家を出て歩いてたら靴紐がほどけてて結び直してた。

そしたら立ち止まった横の家の前に2~3歳くらいの女の子と母親がいて自分の家に向かって女の子が
「ちゃぁ~や~ん!!ちゃ~や~ん…

no image
小さな子の話

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。いつもくる小さな子の話を一つ。

その子は生まれつき目が見えないらしく白い杖をつき母親と一緒に週に二、三度うちの店を訪れる客だった。

ある日、その子が一人で入…

no image
ある女性教師と子供の出会い

「ある女性教師と子供の出会い」

先生が小学五年生の担任になった時、どうしても好きになれない児童がひとりいた。
その少年は、一人服装が不潔でだらしなかった。中間記録に先生は少年の悪いところ
ばかりを記…

no image
難聴の娘

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。

その事実を知らされたときは嫁と泣いた。何度も泣いた。

難聴と知らされた日から娘が今までとは違う生き物に見えた。

嫁は自分を責めて、俺も自分を責めて、…

no image
良い事したら

昨日電車で10歳くらいの男の子がおじいさんに席を譲った時、おじいさんが
「ありがとう、お母さんに教わったのかい?」
て聞いてた。

そしたら男の子が
「いっぱい良い事したらお父さんが帰ってくるの」…

no image
小学校三年生の女の子のお弁当

遠足の日、お昼ご飯の時間になり、子供たちの様子を見回って歩いていた時、
向こうの方でとても鮮やかなものが目に入ってきました。
何だろうと思って近づいて行くと小学校三年生の女の子のお弁当でした。

中を…

no image
10円

この話は実話で、私はこの話を読むたびに、
「価値観」や「解釈」は人によって違うことを深く感じます。
その子は、生まれながら知恵おくれでした。

幼稚園は、近所の子供たちと一緒に通っていましたが、
小学…

no image
大切なあなたへ

なにより大切なあなた…
誰よりも可愛いあなた…
私の宝ものの…
あなた

大きなこえで産まれてきたあなた…
お母さん大好き…
そういってくれたあなた…
いつも小さな手で、
私の手をしっかり握っていたあ…