号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

ダメな父親

   

その日父さんは、いつものように母さんと激しい口ゲンカをしていた。

いつも自分のココロの中で、ひそかに思っていた。

「こんな親にぜってぇならねぇ。いつか出て行ってやる…。」

母さんは酒に狂って、むかしあの暖かい手でオレを包んでくれた人とはまるで別人だった。

いつも小さいオレに暴力をふるい、父さんはソレを止めていた。

でも聞いてしまった、あの日の会話を…。

あんトキ、オレは母さんのさんざん殴られ、キレていつもより早く布団に入った。

眠れないなぁと思って、トイレにいったんだ。

「まだ起きてるのか」
とか言われていつもみたいに殴られないように、そっとトイレに通じる廊下を歩いていた。

スグ右側には、母さんと父さんがいるリビングへ入るドア。

父さんの声が耳に入った。

「なぁ母さん、もうそろそろオレが『アレ』をかばわなくてもいいか?

 これ以上やっても家を飛び出さないと思うんだ。」

「もうちょっとやってくれない?『アレ』が完全に家を飛び出すまで。」

そのトキ初めて、自分はなんていわれてるか分かった。

もう人間としての扱いではない。

『アレ』

父さんと母さんのあのコトバだけが、オレの頭を何回もよぎった。

出ていくもんか。あの2人にずっとずっと迷惑をかけてやる。

死ぬまでな

そんなトキ母さんは、不倫してどっかいった。

オレにはあんまり悲しく感じなかった、母親と別れるのが。

理由なんてどーでもいい。とにかくオレは

徹底的に父さんを痛めつけられる。

父さんはもう白髪混じりで体もボロボロだった。

そんな父親をヘーキで買い物にいかせたり、

家の掃除をさせたりと完全にオレの召使になっていた。

そんな日々のなか、オレはパチンコに狂い、

お金がまったくなかったんだ。

どうにかしていい方法がないかと、探した。

そうだ!

ウチにはいい召使がいるではないか。財産はまだもらってなかったな

「おいクソジジイ金だせよ」

「…」

「なんとか言えよボケ!」

「出かけてくる…」

はぁ?といって「そのまま死ね」と呟いた。

55 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:04/04/30(金) 22:41 ID:LlqU0JFv [5/7]
その日、父さんは帰ってこなかった。

翌日、警察が家に来た。
水死体が発見され、どうもオレの父親の体らしい。

見にいってみると、眠ったような父親の姿があった。

チッ、この手で殺そうと思ってたけど自分で死にやがったか。

なんであのトキ、少しでも悲しみを感じなかったのだろう。
そんな自分を過去に戻って殺したい。

解剖をしたところ、胃の中から紙が出てきたらしい。
オレは狂って紙でも飲んだか、と思って医師の話を聞いていた。

どうも、メッセージが書いてあるらしい。

「たった1人の息子へ

私がお前にこんな扱いをされても当然だった。

私はダメな父親だった。

あの時、母さんはお前のコトをずっと殴っていただろう?

父さんはかばっていたのは、実は演技なんだ。」

知ってらぁバカオヤジ

「お前には家を出ていってもらうつもりだった。

なぜそんな事をしたのか、今でもわからないだろう?

お前には、あの家がつらすぎると思った。

私は母さんの言いなりになり、お前が家を出ていったら身元を捜して一緒に暮らそうと計画していたんだ。

だが、その前に母さんは不倫し、お前には嫌われたままだった。

しょうがない。全部私が悪いんだ。

さっき言ってたお金の話、一生遊んでも使い切らないほどの お金を銀行に振り込んでおいたよ。

お前にお詫びだ。お金でお詫びなんて、ますますだめな父さんだったな。

本当に今まですまなかった。

講座の番号は、父さんの誕生日だよ。わかるね。

それでは、別の世界で待ってるね。

元気に暮らして人の役にたちなさい。」

足から力がなくなり、警察にもたれかかった。

「ちょっとちょっと、どうしたんですか?」

その後、オレは父さんの墓にほとんどのお金をつぎこんだ。

ダメな父親で悪かっただと?

いつまでもお人よしすぎんだよ、アンタは。

 - 父の泣ける話

  関連記事

no image
大好きなお父さん

去年の10月、5年前に肺癌を患い長い闘病生活を続けていた父がなくなった。60歳だった。

私は一人っ子で、とても可愛がられて育ったと思う。父と母は22歳で結婚したが、母が子宮の病気を患ったり不妊症治…

no image
父からもらったドーナツ

学生時代、書類の手続きで1年半ぶりに実家に帰った時のこと。

本当は泊まる予定だったんだが、次の日に遊ぶ予定が入ってしまったので
結局日帰りにしてしまった。

母にサインやら捺印やらをしてもらい、帰ろ…

no image
父の記憶

私は父の記憶がありません。
父は、私が1歳7ヶ月の時に交通事故で帰らぬ人となりました。
私には年の離れた兄姉がいます。
兄は13歳、姉は10歳離れています。
母が私を妊娠した時、30代半ばを過ぎていま…

no image
最愛なるパパ

パパはとても優しい人だった。
家族にどんな言葉を投げかけられても
怒ったり、言い返す事もなく
全てを受け入れて一人で抱え込む様な
そんな優しいパパだった。

でも、そんなパパにも限界が来た。
パパは鬱…

no image
親父の時計

大学が決まり一人暮らしの前日の日、親父が時計をくれた。

金ピカの趣味の悪そうな時計だった。

「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」

そういってた。

二年生のある日、ギャンブル…

no image
抱っこの記憶

子どもの頃、親父の膝で抱っこされるのが好きだった。
海水浴や動物園に行った帰りの電車で親父に抱かれてうつらうつらしてた幸せな記憶を今でも思い返す。
親父の胸に頭をくっつけると、あったかくて、ぎゅっと抱…

no image
8月15日

頑張るじいちゃん

物心ついたころ、とにかく頑張る父だった。(今わ孫が生まれじいちゃんになった。)
私が小学生の時から毎日残業×2帰ってくるのは深夜。
タバコも止め、お酒わたまーに呑む程度… 家のた…

no image
無口で頑固な父

私の父は無口で頑固で本当にこわくて、親戚中が一目置いている人でした。

家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母がせわしなく動いていた記憶があります。

私が結婚する事になり、ドキドキしなが…

no image
生んでくれてありがとう

友達と女4人で焼肉屋で飲んでた時。

経緯は忘れたけど、ジャンケンで負けた人が親に電話して
「生んでくれてありがとう」
を言う、って流れになった。

電話つながった時から上の台詞を言うまで…

no image
死んだ親父

死んだ親父はよく食いに連れてってくれたな

うまいんだけど、親父は食うのが早くて、

食い終わるとじっと怒ったよな顔でオレが食べるのを見てた。

「早く食え」って言ってるみたいでちょっとヤだった。