号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

号泣必至!!超泣ける話200話超デラックス

*

ばあちゃんは嬉しいです。

   

彼との結婚を私(25歳)の父と母は猛反対していました。

彼は昔両親を亡くして、祖父母に育てられていました。

そして4年前祖父が亡くなり、彼は32歳になる今まで84歳の祖母と二人暮しでした。

それが反対の理由でした。

「何も結婚してすぐに介護が目の前にあるような結婚をする事はない」と。

結婚を申し込みにきた彼と彼の祖母ににもそう言い放ったんです。

その2日後でした。

彼の祖母が置手紙を残していなくなりました。

仕事から帰った彼からの電話で、私達は必死で探しました。

探して探して探して空が明るくなりかけた頃、彼の祖父の眠るお墓の前に座りこんでいる祖母を見つけました。

歳も歳だったので衰弱し、そのまま即入院になりました。

その事がきっかけで、私の両親も私達の結婚を許してくれ、結婚式はせず、すぐに籍だけをいれました。

もう10年近く前の話です。

祖母は入院後1ヶ月ほどで亡くなりました。

その時の手紙です。

●●へ(彼の名前)

ばあちゃんは本当に貴方がかわいかった。

貴方のお父さんとお母さんが死んだ時、私のこの先の人生は貴方の為に使っていこうと心に誓いました。

ばあちゃんは年であるしお金もない

何も何も持ってはおりません。

貴方への愛情だけです。

そして貴方はばあちゃんの事をとてもとても大切にしてくれた

とてもとても良い子に育ってくれました

そして人生の伴侶となるべき相手を見付けました。

でもばあちゃんがそれをじゃましているんだね。

幸せになってください。

ばあちゃんは貴方を育てる事が出来た事がとてもうれしいです。

とてもとても幸せでした。

妙子ちゃん(私)と、どうかどうか幸せになってください。

 - 家族の泣ける話

  関連記事

no image
ありがとう、ありがとう

もう、すごく昔の話。
小学2年のとき父が交通事故で逝ってしまったので、
弁当がそれからしばらく白飯に梅干とか漬物とか
そんなんばっかりだったときがあった。
でも子供ながら事情はなんとなくわかっていたの…

no image
ママを産んだのは

私が4歳の時、父と母は離婚した。

祖父母と同居していたため、父が私を引き取った。

母は家を出て行く日に私を実家に連れて行った。

家に戻ると母はドアの所で

「おばあちゃんちに又行かなきゃいけない…

no image
思いがけないクリスマスプレゼント

俺は今、46歳。

昔話になるが、15歳の時に親父が畑や山に通うのに使う
スーパーカブを無免で持ち出して、親父に顔の形が変わるほど
ぶん殴られて以来のバイク好きだった。
カブから始まり、モンキー FX…

no image
おじいちゃん

おじいちゃん。もうお別れして
から7年たったね。

わたしはおじいちゃんが
苦手だった。

おじいちゃんからの愛を
受け止めてなかったから。

たくさん与えててくれたのに。

わたしが賞をとった…

no image
置き手紙

朝、出かけにお兄ちゃんに、置き手紙ををした。
「お兄ちゃん、お鍋にお豆がひたしてあります。
それを煮て、今晩のおかずにしなさい。お豆がやわらかくなったら、
おしょう油を少し入れなさい。」

その日も一…

no image
俺には二つ下の病弱な妹がいる

俺には二つ下の病弱な妹がいる。
妹は腎臓の病気を患っているため幼い頃から入退院を繰り返していた。
俺は病弱故に両親の関心を独り占めする妹を嫌って辛く当たっていたが、
ある時(小学校高学年)、妹を…

no image
兄が交通事故で亡くなりました

スレ違いな話になってしまいますが、報告させて下さい。
前スレで、父が家を出た後、優秀だった兄が中学卒業後、
鳶職として家計を支えてくれた話を書いた者です。
その兄が、先週、火曜日に交通事故で亡く…

no image
心に残る思い出、何もなし

小中学校の卒業文集にさえ
「心に残る思い出、何もなし」と書いた私。
人並みの生活を送ることさえ出来ず、夢と希望は常に打ち砕かれ、
ただ目の前の出来事を受け入れることに専念した。
世の中に失望していたわ…

no image
ばあちゃんのノート

うちのばあちゃんは俺が小学校高学年のときに蜘蛛膜下出血で救急車で運ばれた

深夜に発病したが元看護士だった母の早い対応のお陰か一命を取り留めた。が、やはり後遺症が残ってしまった。

右半身に麻痺が残り…

no image
お疲れ様でした

弟の話。俺が中3、弟が小5の時。

俺は小学校からずっとサッカーやってて、大変だったけど勉強も両立させて中学受験で私立に入った。

弟は昔から小柄で運動神経のいいやんちゃ坊主だったんだけど、どこか常に…